☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
校名は「同志社国際学院初等部」「同志社国際学院国際部」に。

2011年に学校法人同志社が開設を予定している小学校とインターナショナルスクール(小中高12年制)の名称が、それぞれ「同志社国際学院初等部」「同志社国際学院国際部」に決まったそうです。http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009030300170&genre=F1&area=K00

ーーーーーーーーーー

初等部(1学年2学級60人)は海外からの帰国児童と国内の一般児童が対象で11年4月に、国際部(1学年1学級30人)は外国人児童・生徒が対象で同年9月に、それぞれ開設を予定している。
 両校とも木津川市木津川台の同じ敷地に校舎などを建設して設備の多くを共有し、英語教育、国際教育を中心に合同のカリキュラムも行う。
 初等部は入学枠の一定数を地元の木津川市在住児童にする計画。原則として同志社国際中(京田辺市)など法人内の中学校に進学する。国際主義教育の実践として日英バイリンガル教育を行う。(以上 抜粋、太字 ピアーズ)

ーーーーーーーーーーー

名称も決まりました。いよいよ校舎建設も始まるのでしょう。関関同立が相次いで小学校を作りましたが、いずれも帰国受け入れ校ではありません。2年後に開校される上記の同志社国際学院初等部・国際部は、私達帰国子女を持つ親にとっては画期的な意味を持つ学校になることでしょう。

コメント
初めまして。
現在主人の仕事で欧州に住んでおります。
数年後には本帰国しますので、この同志社国際学院初等部には大変興味があります。
開校時の募集学年が全く分からないのですが、何かご存知でしょうか。
2009/06/19(Fri) 05:12 | URL | りお | 【編集
こんにちは。

まだ発表されていないのですが、同志社小学校が初年度、1年から3年の募集でしたので、同様ではないかと推測しています。

また明らかになりましたら、ブログに記載いたしますね。
2009/06/20(Sat) 06:52 | URL | にっこりママ | 【編集
お返事、ありがとうございました。
同志社小学校は3年生までだったのですね。
国際は、高学年の募集もお願いしたいところです。
中学からの編入・・・をも考えておりますが、日本に帰ってから、英語ではない現在使用している言語を維持するのはとても大変そうです。現地校に通っておりますので、4教科入試は更に大変でしょうし。
申し訳ありません、話が逸れました。

ありがとうございました。
2009/06/21(Sun) 06:33 | URL | りお | 【編集
英語の保持は大変ですが、大きくなって帰国なさる場合は、ある程度、できるようですよ。

現地校へいらっしゃっていて4教科入試はなかなか厳しいでしょうね。日本の塾のある大都会なら、可能なケースもあるようですが。

その場その場でベストを尽くされたらいいですよね。^^
2009/06/21(Sun) 07:44 | URL | にっこりママ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。