☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多文化共生ときめきシンポジウムに参加 ~渡日・帰国生徒の進路問題~

昨日、京都教育大学附属桃山中学校で開かれた多文化共生ときめきシンポジウムに行ってまいりました。http://peerskansai.blog85.fc2.com/?q=%A4%C8%A4%AD%A4%E1%A4%AD

テーマは「渡日・帰国生徒の進路問題」です。京都における渡日・帰国の中学生・高校生のお話を中心に伺いました。3人の先生のお話で、お一人目は中国人生徒を中心に、中学校の先生のお話、お二人目は全国の渡日・帰国生徒に関する高校入試制度と京都の状況をお話くださり、お三人目は京都の受け入れ校である鳥羽高校定時制の先生のお話でした。京都の鳥羽高校は帰国受け入れ校として有名ですが、定時制があることを初めて知りました。定時制のお話を伺い、一つの良い選択肢だと感じました。

お二人目の先生がお話くださった全国の渡日・帰国生徒の高校入試制度のお話は、当ブログでも昨年10月1日にお知らせいたしました所沢の「同声同気」のホームページを基となさっているそうです。

関西の公立高校受け入れ状況に関して、いわゆる海外赴任者の帰国子女については今までいろいろ調べておりますので、概ね理解しておりますが、今日は伺いましたお話を参考に渡日・帰国について表にしておきます。入試特別措置とは時間延長やルビ打ち等を指します。

全日制     中国帰国生徒          中国以外の外国籍生徒                                                         

入試特別措置受け入れ校入試特別措置受け入れ校
滋賀あり×あり×
京都×鳥羽・西舞鶴××
大阪あり

門真なみはや等

5校

あり

門真なみはや等

5校

兵庫あり×あり×
奈良×

法隆寺国際・

二階堂・高取国際

×

法隆寺国際・

二階堂・高取国際

和歌山××××

定時制に関しては、全日制と同様ですが、大阪府・奈良県も定時制には特別な受け入れ校はありません。

大阪府は全国でも先進的な取組みをしている地域だそうです。京都府は中国帰国生徒の受け入れ枠はありますが、中国以外の外国籍生徒に門戸を開けていないのは残念です。兵庫県は海外赴任者の帰国子女については受け入れ制度を設けていますが、渡日など中国・外国籍生徒の受け入れ校は無く、残念です。

京都教育大学附属桃山中学校には帰国学級がありますが、帰国枠とともに外国人枠もあります。外国籍生徒も受け入れ始めて4年程になるそうですが、帰国生徒にも一般生徒にも広がりが出て、良い影響を与えているということでした。                                                   

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。