☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南部博士、小学校時代から難し過ぎる問題にも取り組んだ、と小学生激励

ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎博士から「私の人生」というスライドが、帰国子女を多く受け入れている学校としても有名な豊中市立上野小学校に届いたそうです。、博士の日本のお家が豊中市にあり、また上野小学校校長がシカゴの日本人学校に勤務したこともあって、校長が日本の博士の御親族を通じて依頼なさったところ、届いたということだそうです。http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20090217kk02.htm

印象的なのは、「I studied hard.(私は一生懸命勉強した)」という注釈の入った17歳の南部博士がろうそくの下で勉強をしている姿。                                              そしてまた博士はこうも書かれていたそうです。「小学校時代から科学、数学に興味を持ち始め、程度が高すぎる問題でも自分で何とか考えてみることを楽しみました。これは私の一生の基本的な態度となりました」  

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009021700068&genre=F1&area=O10

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。