☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
啓明学院 ー関学へ行ける共学校として、今年度より、高校から男女とも募集ー

神戸市須磨区にある啓明学院は関学への継続校であり、帰国子女の受け入れもしてくださっている学校として、大変人気のある学校です。

かつては女子校だったのですが、2002年から関学への継続校として共学の中高一貫校も開校されました。以前の啓明女学院は啓明学院高校女子部として存続しておりましたが、今年度(2009年)の入試からは募集停止となり、今年度は共学の高等学校として男女とも募集されました。 高校からの入学生も、中学からの中高一貫生と、同じ共学校生として一緒になります。

中高一貫と同様、高校からの入学生も関学に進めるようですが、高1の間は別クラスになる可能性があるようです。

関学に進める学校ということで高いレベルを求められ、中学からの推薦が必要で、中学での良い内申書(成績・活動など)が大切です。資格などもあると良いと思われます。また英語面接があり、高い英語力が必要とされます。帰国子女にもチャンスがあると言えましょう。(当日の試験は面接・作文・英語面接を含む英語です)

今の女子部の生徒が卒業した後は、高校からも共学校のみとなり、関学に進める共学校として新しいステージに進みつつある印象です。いずれ共学校化する関学中・高のパイロット的存在として、注目される学校です。帰国子女受け入れを専門とする学校ではありませんが、英語に定評のある関学附属校として、また作文教育など個性ある教育を行う学校として、帰国子女の長所が生かされる学校のように思われます。

今年の高校入試ははすでに2月10日に試験は終わっていますが、男子40名女子40名計80名の募集に対して、十分周知されていなかったためか、はたまた優秀な内申点を必要とする推薦であり英語面接など英語力も問われるため、日本の一般の公立中学生にとっては難しいと感じられたためか、志願者は男子18名(うち帰国生9名)、女子26名(うち帰国生2名)の計44名でした。なお、高校での編入は無いようですが、中学での編入については学校にお問い合わせください。

啓明学院のサイト→http://www.keimei.ed.jp/  (少し、サイトの中が見つけにくいかもしれませんが、左側の「学校案内」というところをクリックすると、入試情報が出て中学入試や高校入試の詳しいことが分かります。また左側の「入試情報」にも試験期日が載っており、中学試験結果など見つけることができます。高校の志願者数は今日現在はトップページから見られます。)                                      

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。