☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の価値観

今朝は朝から妹と子育てについて電話井戸端会議。(ほんとはやること、いっぱい溜まっているのですが、ついつい)

結局、子育てというのは親の価値観の中でしかできない、という悲しい現実で合意しました。親の性格や価値観は、なかなかもって変えられるものではなく、子どもはその中で育つしかないんだよねぇ、ということでした・・・。

本当に子育ては、ある意味、非常に怖ろしいことですよね。他人から見れば子育てにおいてここにちょっと問題があるかもしれないと思っても、その人はその人である限り、なかなか変わらないですし、またそれがその人らしさを形成しているわけで、そこから出てくる価値観の中で子育てするしかないのですよね。どうしても、親の枠組みに嵌めようとする作業になってしまうものです・・・。

他人事のように書いていますが、それは私も同様のことです。私は私と夫の価値観の中でしか子育てしてこなかったと思います。うちの子どもが子育てする場面になったら、自分が育った環境から反面教師にする部分はして貰うしかないかなぁ、なんて諦めも生まれてきたりして。

客観的に親としての自分を見つめなければいけないな、価値観を押し付けちゃいけないな、と自覚しつつも、子育てにおいては、そもそもそれはほとんど不可能なことかな、とも思います・・・。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。