☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「平成20年度外国人留学生在籍状況調査結果」より出身国別留学生数

日本学生支援機構による「平成20年度外国人留学生在籍状況調査結果」が出ています。http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data08.html

出身国・地域別留学生数(○内数字は総順位)

アジア ①中国 72,766人 ②韓国 18,862人 ③台湾 5,082人                      ④ベトナム 2,873人 ⑤マレーシア 2,271人 ⑥タイ 2,203人                              ⑧インドネシア 1,791人 ⑨バングラデシュ 1,686人

北米・ヨーロッパ・オセアニア ⑦アメリカ 2,024人 ⑭フランス 574人                                  ⑰ドイツ 479人 ⑱イギリス 400人 ⑲オーストラリア 347人                                  22位 カナダ 319人

その他 ⑳ブラジル 331人 21位 エジプト 320人 23位 ロシア 315人 

 

短期留学生の場合は、中国(2,636人)・韓国(1,849人)が1位・2位ですが、3番目はアメリカ(1,447人)、5番目フランス(359人)、6番目ドイツ、8番目オーストラリア、9番目イギリス、10番目カナダ、12番目スウェーデンといったふうにヨーロッパが、順位でいえば上の方になっています。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。