☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語(外国語)・日本語の保持伸長

お子様によって状況はさまざまだと思いますので、今日は一般的なお話を書きたいと思います。造詣の深い方には、なぁーんだ、という話かもしれませんが。

言語には「聞く・話す」「読む・書く」の4技能があると言われています。対面(電話やウェブカメラも含めて)での技能が前者、紙(ネットなども含めて)を通じて必要となる技能が後者ですよね。また能動的・受動的で分けると「聞く・読む」「話す・書く」になりますよね。 

いずれにしろ、どの技能も伸ばしたいものです。得てして一般的には「聞く・話す」と言った技能を、親は重視しがちです。英語(外国語)に対しては、それはより顕著ですし、母語としての日本語でも「ちゃんと話せているから大丈夫」と思いがちです。もちろん、「聞く・話す」だけでもなかなかのものです。しかし深く話したり聞いたりするためには、かなりの語彙力や思考力が必要ですよね。そして、それは年齢とともに、広く深くなっていかなければ、大人としての言語の使い手ではなくなるのですよね。

●言語を獲得するには、まず基本的には「聞く・話す」ができることから入ると思います。日本語が母語のご家庭であれば、海外に行かれても家庭内の会話は日本語を守り(兄弟姉妹間でも)、時には日本人の友人と日本語で遊ばせたり、テレビ・DVD視聴も有効なことでしょう。 言い間違いや男言葉・女言葉も上手に訂正してあげてください。

「読む・書く」については、お友達にメールを書いたり、おじいちゃん・おばあちゃんに手紙を書くのも良いと思います。補習校で作文を書いたり、何かに投稿するのも良いでしょう。漢字は多少、練習したほうが良いでしょうねえ。                                                                      一方、インプットとして最も大切なことは「本をよむ」ということです。読書は言語獲得・思考深化の手立てとして非常に意義あるものです。どうぞ、楽しい読み物を与えてあげてくださいね。子どもさんの興味のある分野のものが良いと思います。例えば、うちの子どもが小さかった頃には、ずっこけ探偵シリーズが次々と出ていて、それを楽しみにしていました。 質的調査(インタビューを主とした調査)に基づいたある研究では、日本語保持が非常にできていたお子さんは、家族揃って読書好き、本人も知的好奇心が強く、読書好きでした。

●次に、帰国後の英語(外国語)の保持伸長について考えたいと思います。これは日本語保持伸長と同様だと思います。「聞く・話す」については基礎があるのですから、一般の日本人よりはずっと有利です。言葉の感覚(語順などの文構造やニュアンスなど)を既にある程度身に付けているわけですから。それを保持伸長するためには、テレビやDVD、今ではネットの視聴もかなり役立つと思います。とはいえ、なかなか会話の訂正は親では難しいこともありますから、英会話などを習いに行ってネイティブと話す機会を作るのも良いことだと思います。モチベーションの維持にも役立つことでしょう。

「書く・読む」については、友達とのメール交換も良い手段だろうと思います。ブログを書くのも良いかもしれません。                                                         ですが外国語でも「本を読む」ということが、保持伸長に非常に役立つ手段であることは間違いありません。新しい表現を覚えたり、単語が増えます。内容の難しいものでなくて良いのです。これも日本語と同じで、子どもさんが興味を持って読めるものが良いでしょう。一つのページに分からない単語が数個程度ならば理解できることでしょう。読むうちに類推もできて、語彙も増えます。大人の言語に近づくためには、日本語でも同様ですが、大人の表現・思考ができなければいけません。少しずつ読むものを、大人のレベルのものに近付けていければいいですね。

ということで帰国なさる頃には、会話がそれほど不自由なくできるようになり、本を読むことに楽しみを覚える程度の読書力を身に付けていらっしゃると、帰国後の保持伸長がかなりラクになると思います。どうぞ、御家族で上手に支援してあげてくださいね。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。