☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国受け入れ校のベテラン先生にお会いしてきました

帰国受け入れ校のベテラン先生に、個人的にお会いしてお話をお伺いしてきました。


現在の大学入試では推薦とAOで入る学生が半数を占めていて、有名大学も同様だそうです。となると、従来通り、学力偏差値の高い中高へ行くことに親が全力を傾けるのは、時代遅れの考え方だそうです。もちろん基礎学力は大切なのですが、得意を作ってやることが重要だとか。できれば、得意が2つ以上あると、1つがうまくいかなくなっても、やっていけるから良いと仰っていました。そして、そういった得意があると、学校生活で認められることが多いし、また学校という狭い枠に関係なく、自分に自信を持つことができるでしょう、ということでした。もちろん勉強が、得意の中の一つでもいいのですが、意欲が大事ですよね。                                


学校を選ぶときに、親がよく犯す間違いは、学力だけでぎりぎり滑り込ませるということだそうです。それで落ちこぼれれば、かなり子どもは辛くなります。学校で楽しく過ごせるだけの、余裕が必要ですよね。塾はよく、「もうちょっと頑張れば、あの有名な〇〇中学へ行けますよ。だからこの科目とこの科目を受講すればいいですよ」という営業トークをします。そういった情報に乗ってしまわない冷静な判断力が親に必要とのことでした。                                                  子どもが生き生き通える学校を探してくださいね。親の名誉のためじゃないですもの。     


学校の内輪話としては、優秀な子が欲しいのは事実。なぜなら手がかからないからだそう。「そういった子どもはどこの学校でも入れます」ということでした。それは単に学力だけの優秀さを言っておられるようではありませんでした。今の社会に求められる学力や能力なのでしょうね。(ハイパーメリトクラシー?)


また、帰国生徒を入れることで下りる一人あたまの助成金を考えると、帰国受け入れ専門校でないところは(時には専門校でさえ)、手のかからない、即ち特別の補習をそんなに必要としない生徒が有り難い、ということでした。ウム・・・。良く学校を見極めないといけませんね。学校としては、中間層に向けて授業をするので、下層にいるとあまり面倒を見てもらえないようです。(お話くださった先生の学校では「帰国生の学力、メンタルの丁寧なケアをします」と話しておられました)                        今時の大学の推薦合格は、やはりある程度の学内の成績も必要ですから、下層だと学校が面白くない上に、推薦の可能性だって低くなります。アメリカの大学入試で見られるように、「鶏頭となるも牛後となるなかれ」が、今の日本では、より大事みたいです。


それと、偏差値についての内輪話ですが、塾の偏差値はかなり恣意的に変動させることができるようです。偏差値に頼りすぎるのは危険ですね。大学合格者数を見るほうが確かなのかもしれませんが、それも一部の優秀な生徒の自己努力の可能性もあります。                                                 


本当の意味で子どもが楽しく、かつ有意義な学びができそうな学校探しが必要ですよね。でも、例えうまくいかなくなっても、そこからも何かを学び取ればいいと、ある程度、腹を括らないと不安で先に進めなくなりますよー。人生、なんとかなります。転んでもタダで起きへんで~!という心意気も大事かな。


トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。