☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆとり教育がもたらす弊害 -渡航してー

今日はアメリカで長く海外子女教育に携わっていらっしゃる先生にお話を伺ってまいりました。

海外渡航前にしておくと良い準備に、日本の算数を前倒しでやっておく、ということをおっしゃっていました。渡航して言葉が十分できなくても理解できるものに、算数や数学といったものがあります。ちょっと前の日本人の子どもはこういった科目で、渡航後すぐに認められることが多かったそうです。ところが、現在は日本のゆとり教育のあおりを受け、その上、アメリカでは学力向上・試験重視の教育政策がとられていることもあって、日本の算数・数学教育のほうが進度が遅くなっているそうです。

日本ではさして算数・数学が得意ということではなくても、海外では計算の正確さや早さなども含めて、かなり高く評価されることがあります。スポーツや音楽で頭角を現すという方法も考えられますが、算数・数学も確かに自信に繋がり易い科目なのでしょう。(言い換えれば、帰国後は計算力で見劣る可能性もありますので、ご注意!)

なお、まもなく新しい学習指導要領での授業が始まります。となると、再び日本人の子どもは算数・数学で認められるようになるのかもしれませんね。

新しい学習指導要領について、以下のサイトに増加授業時間数が書かれています。算数・数学や理科の時間がかなり増えます。 実施スケジュールについても記載されています。http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/education/#infoHeader2

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。