☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネット、携帯と子ども達

●インターネットや携帯と子ども達がどう関わっているのか、そしてどういったトラブルがあったのかを調査したものがあります。アンケートから出した数値に基づく表になっていますので、個別のケースについては分かりかねますが、今の子ども達の様子がある程度、分かるのではないでしょうか。東京での調査です。                                                                                             http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2008/10/60iaa100.htm

 

●また学校裏サイトと呼ばれるものがあります。これは生徒同士の交流を目的とした学校の非公式サイトで、約3年前から増加したそうです。掲示板で悪口を書かれるケースが相次ぎ、イジメの原因と言われるようになりました。

サイトの存在が問題視され、今年5月には学校裏サイトチェッカーが登場。このサイトや学校裏サイトリンク集を利用し、一般の方や教職員によってサイトの監視が行われるようになったとのことです。

学校裏サイトチェッカー
http://schecker.jp/
学校裏サイトリンク集
http://www.web-mind.jp/gus/

お嬢さんが学校裏サイトで攻撃された方がいらっしゃって、父親がそれを撃退なさったケースがあったそうです。とても面白くて、つい読んでしまいました。 どうやら、学校裏サイトというのは子どものための居酒屋というか、人の悪口を言って憂さを晴らす場所になっているようです。
学校裏サイトで娘が実名で攻撃され、父としてメールを送ってみた


●しかしながら、道具は使いよう。こんな心温まるケースもあるのです。                    「高齢者、メールできた。女子大生が携帯講座」                                  

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。