☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の読み書きの力が伸びない・・・  -KOMET相談室からー

先日、紹介させていただきました書籍「アメリカ駐在 これで安心子どもの教育ナビ」の著者、高橋純子さんが主宰なさっているKOMETという会社があります。アメリカで暮らす子どもをサポートしていらっしゃり、無料でメール相談に応じてくださいます。

その相談コーナーにこういったものが載っていました。とても適切にお答なさっていると思いました。

現地校に行き始めて約2年半になる小学校4年生の息子がいます。英会話はよくできるようになったのですが、読み書きがあまり伸びず心配しています。綴りはいい加減で、現在も教科書は一人では読めません。先日は学校側から「もっと家庭でのサポートを強化してほしい」と言われました。どうすればよいでしょうか。  (NY市、母)

お答はこちらから→ http://www.faminet.net/komet/faq/081117.html                                       上の方に悩み相談一覧というものもありますので、ご覧になってみてください。

 

ところで、小学校低学年で渡航なさるお子様は、日本語の基礎も十分できあがっておらず、なおかつ英語も習得しなければならないという大変な状況かと思います。お子様によっては、難なく両方マスターできるでしょう。ですが、それが難しい場合でも、どちらもそこそこには出来るようにしてやりたい、と思うのが普通ですよね。 

どちらも、かなり出来ていない、というようなことにだけはならないよう、気を付けてあげてくださいね。案外、全然出来ていないことに気付いていない親御さんがいらっしゃる、ということを先生方からお聞きいたします。まず、そういう状態になっていないか確かめること。そしてその可能性が高いようならば、適切に対処してあげてください。対処法については、状況に応じて色々あると思います。パーフェクトではなくても、ベターな方法を考えて試行錯誤されることが大切です。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。