☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国子女と帰国後の葛藤  ~あるメルマガより~

私が取っていますメルマガの今日の記事は、帰国子女の苦しさについて書かれていました。そのことについて、今日は皆様と一緒に考えてみることができればと思います。

まず書き出しは、長く海外の現地校で育った知人の知人の子どもさんが、日本の大学入学後に自殺した、という話で始まりました。 その原因をメルマガ作者が知っているわけではありません。 ですが、作者はカルチャーショックも一因ではなかったか、と推察しています。 日本語の文章が満足に書けなかったと聞いたのも、そう推察した理由です。 (日本語作文が不自由でも入れてくれる大学は、そう多くはありませんし、その場合はケアをしてくれるところもありますので、そういうところを探した方が良いかもしれません。)

作者は、日本のルールが彼が生まれ育った地とは全く違っていることに、苦痛を感じたからではないか、と考えました。というのは、作者自身が日本の高校を出た後、海外の大学に進学し、帰国して日本の会社に入った時、入社研修で皆の前での発表を求める講師に応えて、手を挙げて発表した時の経験を思い出したからです。発表を終えて席に戻ると、周囲の雰囲気が変わっていたとか。 発表後の検証では、周囲に当てこすりめいたことを言う人も現れ、日本のルールを思い出したそうです。「出る杭は打たれる」。高校まで日本で育った作者は、すぐに切り替えることができました。

作者は「出る杭は打たれる」を決して悪いことだとは考えていません。それは、周囲に配慮をする、という日本式のルールであり、そのことには欠点もあれば長所もあると考えています。サッカー場でラグビーのルールでボールを持って走らないのと同じこと、と書いています。

そういった日本のルールを身につけさせるために、海外生まれの自分の子ども達は日本人学校にやらせている、とのこと。インターにやらせる、などとは考えたこともない、と言い切っています。 英語は大きくなってからでも身につけられるし、日本人式発音でも中身さえしっかりしていれば、海外では通じる。でも、見た目も喋り方も日本人でありながら、日本のルールを知らないままでは、日本人としては苦労するに決まっているから、ということです。 もし、日本人学校の無い地域に赴任するようなことがあれば、できるだけ日本の教育や日本の社会に触れる機会を作るだろう、と述べています。

メルマガ作者が言うには、「まずは日本人としてのルールを先に会得させておくこと」。そうすれば、外国のルールを学ぶこともできる。そして同時に、「日本のルールをネガティブに捉えないこと」とも書いています。サッカーもラグビーも楽しんで欲しい、というのがメルマガ作者の子ども達への願いだということです。

皆様は、どのように考えられますか。 与えられた子どもの運命の中で、どのような生き方をさせてやりたい、とお考えですか。そして、それをどのように支援なさいますか。 

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。