☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報系学部の人気が低下

最近、情報系学部離れが見られるとのこと。それには様々な理由があるようです。http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20081028/317921/

まず、日本全体の工学部系学部離れ。理科・数学教育を面白く伝えることができなくなっている状況もあるとか。 また、私のような一般人には、社会(会社も含めて)の運営は文系が幅を利かしているイメージもありますよね。工学部人気の低下も分かる気がします。

次に若者のモノづくりへの興味の喪失がある、ということです。携帯やらパソコンやら、世の中にはモノが溢れていて、自分でモノを作る必要性も意欲も感じなくなりつつある、ということです。コンピュータをそこそこ使えていれば、もう大学で改めて何かを学ぶ必要を感じなくなっているのだとか。

また、日本では情報技術開発の場所が減りつつあり、学生にとっては花形産業とは思えなくなっているようだ、とも述べられています。

もちろん、SEやらプログラマという職種には興味を持つ学生も居るが、時には徹夜が続くハードな仕事であるというイメージが蔓延しており、またSEやプログラマには文系出身者でもなれるという就職情報もあって、大学の情報系学部の人気低下に繋がっているようです。

コンピュータはまだまだこれから発達することでしょう。日本の技術開発力の低下を考えると、憂うべき状況なのかもしれません。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。