☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校生以上なら新聞を読んでくださいね。

子どもの通った中学では、夏休みの宿題として新聞の切り抜き作業がありました。十分内容を理解していなかったかもしれませんが、新聞を読むきっかけ作りをしていただいたことは、とても有り難く思っています。

海外では、毎日の勉強に忙しく過ごしておりましたが、興味を持ちそうな記事を切り抜いて置いておいてやったりしました。 新聞は思考を深めるための一つの道具として、有用だと思います。

現地の新聞も、読めるようでしたら、お取りになると良いと思います。地元紙などでは地域のニュースが出ていて、読みやすいと思います。もちろん、大手紙を読むのも良いことです。(高校生位になれば、どれか一カ国の言語では、新聞を読めるようにしておいてください。)

さて、日本で新聞といっても色々あります。全国紙では読売・朝日・毎日・産経、そして日経でしょうか。関西の地方紙では神戸新聞、京都新聞が有名です。産経新聞はお値段が少し安くなっていますのと、夕刊は発行されていないという特徴があります。

◆全国紙の中の一般紙、読売・朝日・毎日・産経にはそれぞれカラーがあるのは、皆様よくご存知のことだと思います。読売・産経が右派、朝日・毎日が左派と言われています。すべての新聞を取ることは一般家庭では難しいですから、特に社説などを、ネットで読み比べられると良いでしょう。政治的なことなど、正反対の意見が載っていることもあり、偏らない判断の助けになると思います。新聞社の社説へのリンクを集めたサイトはこちらです。http://www.ne.jp/asahi/sec/eto/paperhtml/editorial.html

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。