FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

関西の私立小学校

今日は関西の私立小学校について書いていきます。まず初めに学費のことは十分にお考えになっておいてください。途中編入ならば数年間かもしれませんが、入学だと6年間ということになります。また兄弟も同様に、とお考えになるなら、学費はますますかかります。十分に家計とご相談なさってください。私自身はお金をかけなければ良い教育はできない、ということはないと考えています。良い教育とは何かというのも議論の余地があるでしょう。私立小学校の同質性が、自分の子どもや家の方針と合っているのかどうかも検討してみてください。とはいえ、学校の方針が非常に子どもに合っている、家計も大丈夫というならば考えてみても良いと思います。帰国子女が私立小学校に向いているのかどうかは子どもの個性はもとより、各学校にも依るというのは当然のことでしょう。よくお調べになってくださいね。なお、いったん公立小学校へ転入した場合は、編入を認めないという学校もありますので、注意が必要です。公立小学校へ転入した後、私立小学校へ編入し、そこで辛い思いをしたけれど、公立小学校へは戻り辛くなったという例を過去に聞いていますので、よく納得してから私立に編入なさってください。


まず、大学までの附属小学校なのかどうか、高校までなのか、中学や高校から外部受験する生徒がどのくらい居るのか、などを考える必要があるでしょう。小学校が共学でも中学以降が女子校ならば、男子児童は必ず外部を受験しなければなりません。また英語教育は、どの私立小学校も熱心ですが、殆どの学校の圧倒的多数は一般生ですので、授業に期待を持ち過ぎるのは考えものでしょう。編入学で帰国児童を受け入れる学校もありますが、多くは空きがある時の学期初めや学年初めの編入のために募集をする形になるようです。いったん公立に入ると受け入れない学校もあるので、海外からも学校に連絡するなどして、適切な時期に帰国してください。


以下に関西の私立小学校のリストをつけておきます。http://www.tactgroup.co.jp/childeyes/school_list/index2.htm                 帰国子女のための特別の試験をしているところは多くありませんし、帰国子女の数が多いところというのも、それほどありません。かなり多いのは京都のノートルダムで、次に多いのは兵庫の小林聖心ですが、ノートルダムは中学以上は女子校、小林聖心は小学校から女子のみです。


大阪の場合、信愛と聖母被昇天以外は小学校は共学です。しかし大阪聖母・城星・賢明城南は中学以上は女子校となっています。2009年には関西大学の附属小学校が開校となる予定です。


兵庫の場合、甲子園小は共学ですが、中学以上は女子校です。また須磨浦小は幼稚園と小学校のみです。兵庫県で帰国子女が多い学校は、小林聖心で帰国枠があります。小林聖心の大学は、東京の聖心女子大学となります。なお、大学は外部へ出る生徒も多いようです。関西学院大学の附属小学校は2008年(来年度)、開校予定です。現在のところ、関学は中学以降は男子校となっていますが、小学校は共学ですので、近い将来、女子についても中学が検討されているようです。


京都ですが、小学校は全部が共学です。しかしながらノートルダム・聖母学院・京都女子大附属・光華は中学以降は女子校となります。2006年度に開校された同志社と立命館が大変な人気のようですが、それぞれ学校の方針に違いがあるようですので、よくお調べになってください。ただ、どちらも大学までの一貫教育を原則に考えていますので、途中で外部を受験する生徒は多くありません。大学までの長いスパンで教育を考えてくださいね。どちらも帰国枠はありませんので、そのおつもりで。なお、以前から帰国子女が圧倒的に多いのはノートルダム学院小学校です。この小学校の児童が祇園祭の稚児に選ばれることでも有名です。


奈良の私立小学校はすべて中学も共学となっています。智弁学園奈良カレッジ小学部は2004年に開校したばかりですが、中高も同じ場所に開校しています。五條や和歌山の智弁と姉妹校となっています。


滋賀には近江兄弟社小があり、中学や高校もあります。場所は近江八幡市となっています。


次回は中学に就いて書く予定でおります。

トラックバック
この記事へのトラックバック