☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスラム圏では9月1日から断食月(ラマダン)です。

イスラム世界では9月1日から約4週間の断食月に入っています。ちょっと大変な時期みたいですね。いろいろな記事をご紹介しておきます。(太字はピアーズ)

イスラム圏 9月1日から断食月 

 エジプトのイスラム法の権威は30日、イスラム教で最も神聖な月、ラマダン(断食月)が9月1日から始まると発表した。宗派の異なる一部を除き、イスラム教の2大聖地メッカ、メディナを抱えるサウジアラビアなど大部分のイスラム圏で同日から一斉に始まる。

 ラマダンは約4週間で、イスラム教徒は原則的に日の出から日没まで飲食、喫煙などが禁じられる。イスラム諸国の官庁業務や一般の社会、経済活動は、通常の時期より低調となる。(産経)

ラマダン(断食月)始まる(トルコ)

 9月1日からラマダン(断食月)に入った。イスラム教で最も神聖な月とされるラマダン(トルコ語ではラマザン)中の約30日間、「日の出から日没まで」飲食や喫煙が禁じられる一方で、日没後の宴は華やかで、例年食品が値上がりする。(ジェトロ記事)

断食月の食べ過ぎ危険! かえって太る人も続出

3日、ヨルダンの首都アンマンで、日没後の食事を求めて並ぶ人々(AP) 日没後の食べ過ぎに注意-。日の出から日没まで、一切の飲食、喫煙が禁じられるイスラム教のラマダン(断食月)を迎えているヨルダンで、政府が日没後の食べ過ぎは糖尿病患者の場合、意識不明に陥る危険もあるなどとして、テレビなどを通じ、これを戒めるキャンペーンを展開している。AP通信が伝えた。

 約1カ月に及ぶラマダン中の信者らは食事が許される日没後、親類や親しい人を招いて豪華なごちそうを振る舞ったり、夜明け前まで外出などを楽しむ。一方、飢餓状態の後、高カロリーの食事を一気にたらふく取ってしまいがちで、しかも昼間は断食で運動不足になりやすく“断食
太り”になる人も少なくない。

 ヨルダン保健当局によると、ラマダン期間中の第1週だけで心臓発作、脳卒中、消化不良などの症例が急増。APによると、ヨルダン政府は健康対策に政府予算の5分の1を充てている。キャンペーンにはアブドラ国王夫妻が先頭に立ち、ラマダン中の食べ過ぎの危険性を呼び掛けている。(共同)

イスラム諸国でラマダン(断食月)始まる

 サウジアラビアや湾岸諸国、エジプトなど中東のイスラム教スンニ派諸国の多くで1日、イスラム教で最も神聖な月、ラマダン(断食月)が始まった。イランなどシーア派諸国では2日から開始の見通し。

 ラマダンは約4週間で、イスラム教徒は原則的に日の出から日没まで飲食、喫煙が禁じられる。ラマダン中の断食や礼拝は特に重要視され、宗教心が高まるとされる。
 ラマダンはイスラム暦の9月。イスラム暦は太陽暦より短いため、毎年少しずつ時期が早まっており、昨年は9月中旬からだった。(共同)

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。