☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同志社国際中学校・高等学校  
08年5月訪問
 
今年も同志社国際中学校・高等学校を訪問させていただきました。去年と同様、とても良いお天気の日でした。

玄関 
JR同志社前駅から緩やかな坂を登って10分。途中には去年と同様、たくさんの大学生が歩いていました。坂を登って左手に同志社国際中学校・高校があります。赤茶のレンガ色の校舎が明るく、かつ落ち着いた雰囲気を醸し出しています。中に入りまして事務所にお声掛けさせていただき、校舎内のピロティで待っておりますと先生がおいで下さいました。
大変、親切に対応していただきました。
 
自分で選択していく大切さ

同志社国際中学校・高等学校で大切になさっていることはいろいろありますが、その一つに先は“Your Future,Your Choice”という言葉を挙げていらっしゃいました。「中高で受けた教育の成果は大学へ進んだ時、そして社会へ出た時に大きく花開きます」という力強いお言葉でした。その言葉通り、卒業生たちは大学卒業後、社会の多方面で活躍し、高い評価を受けているということです。

この学校は朝の20分間の礼拝から始まります。在学3年間、毎日の礼拝を通してキリスト教に基づく良心の精神が自然に培われ、生徒たちの多くが、他に見られないような「社会に貢献しようとする姿勢」、周囲と「ともに生きるという姿勢」を身につけていると先生は仰っていました。

校風が「自由」であるというのはよく聞かれることですが、そこには「自由」であるため果たさなければならない責任、自分自身であらゆることを判断し選択(choice)する「責任」が存在しています。その選択は「あらゆる場面」で生徒に突きつけられます。「自由の中で選択していくことに、はじめ多くの生徒が戸惑いや不安を感じると思われる。しかし試行錯誤を繰り返して行く中で、多くの生徒は生き方をも含めた自分自身のスタイルを発見して行く」と先生は仰っていました。誰に強制されるのでもなく、自分の未来に対し責任を持って選択していくという考え方が、例えば学校の日常の授業のみならず、放課後、長期休暇といった自由な時間の過ごし方にまで及んでいるのです。

推薦制度があるので、勉強に対し緊張感がなくなってしまうのではないかというメールをいただくことがあります。この点については、いわゆる「受験勉強」とは違う本当の意味での「知識への渇望」を育てることを考えていると仰っていました。高度な学習内容の理解のためには、基本となる知識が必要であるということに気づき、進んでその知識を得ようとする姿勢こそが重要だという考えです。最近特に意欲的に勉強する生徒が増えている実感があると、先生は仰ってました。強制された中で知識を詰め込むのではないというあり方が、専願で本校を志望する一般生徒の増加を招いている一因でもあるのでしょう。
 
大学進学

さて、大学進学については、約90%が同志社大学・同志社女子大学に進みますが、約10%は国内の他大学や、海外の大学へも進学しています。また、推薦による進学が希望通りにいかない場合には、他の進路選択ができるように、早めに適切な進路指導があるそうです。
 
 英語

英語の保持伸長に定評のある学校です。英語は習熟度別にSa、Sb、Gの3つのクラスに分かれて学習します。Sa、 Sbクラスでは海外と同様の授業で、海外の新聞記事や書籍を利用して、文化を含めての理解を深めます。表層的な英語知識ではなく、内容を深く理解し知識を身につけるのです。本当の意味での思考力を、英語でも育てようとなさっていると感じました。英語力を保持伸長させるには、すばらしい環境だと思います。帰国生徒は全体の2/3ですが必ずしも英語圏ばかりではありません。ですが英語圏以外の帰国生や一般生徒も刺激を受けて、学年が上がるにつれてSクラスにチャレンジする生徒も出てくるそうです。  
 
留学

単なる海外研修旅行のようなものではなく、生徒のレベルに応じた同志社国際独自の多くのプログラムが用意されています。すべてのプログラムが、ハーバード大学やスミスカレッジ、フィリップスアカデミーといった有名校でのものであり、他校には無いものだと感じました。
 
他の語学

英語だけではなく、同志社国際では他の語学も学べます。ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・韓国朝鮮語が選択できます。ただ中学生の場合は経験者のみを対象にしています。高校生の場合は初心者も受講できるそうで、初心者と経験者は別の授業になっています。外国人教員は担任を持つ専任の5名を含め、15名いらっしゃるそうです。
 
日本語

日本語については、先生から必要だと認められた生徒には特別授業が行われるそうです。日本語に不安がある生徒を持つ保護者にとってはとても安心できるものでしょう。
 
その他の科目

日本語での学習に配慮が必要な場合は国語・理科・社会・聖書の科目について、少人数での授業が受けられ、数学については未学習分野の程度により、少人数での授業が受けられるように工夫がされています。英語以外は日本の教科書を使用するので、このようなサポートはありがたいものです。
 
部活動

スポーツ推薦入学制度の無い学校ですが、この1年間だけでも、チアリーディングが全国大会出場、アメフト西日本ベスト4、硬式テニス団体京都府ベスト4など、いろいろな部が活躍しています。部活動の経験のない帰国生徒も、初心者として新しい競技にチャレンジできる環境があります。先輩と後輩の関係は適度なものとのことですし、高校生の中学生に対する面倒見は折り紙つきとおっしゃっていましたので、帰国生徒にとっては安心できる雰囲気だと思います。活動時間は遅くとも18時までで、通学時間が2時間近くかかる生徒でも、食事や学習を家庭でしっかりとできるように配慮されています。
 

学校のすぐ横に位置しており、4名の部屋を2、3名で使用しています。高校生から入寮することができます。まだ余裕があるので、希望者は殆どが入ることができるようです。片道約2時間以上の通学時間がかかる生徒も希望者は入寮しています。男女別棟で、現在の入寮者は男子が女子の倍程度の数になっています。
 
参考になるサイト

日能研グローバル・サービス(https://www.edu-net.jp/ngs/)のサイト。誰でも登録すれば見ることができます。この中の「帰国子女受け入れ校Webレポート」に、関西では同志社国際中学・高校だけが掲載されています。非常に詳しく写真も豊富ですし、入試情報も載っています。ぜひご覧ください。私達も見習いたいレポートです。


・同志社国際中・高のサイト http://www.intnl.doshisha.ac.jp/                                ・入試情報のページ      http://www.intnl.doshisha.ac.jp/exam/index.html
・昨年のピアーズ訪問記 http://peerskansai.blog85.fc2.com/blog-date-20070427.html (2つ目の記事です)
 
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/04/14(Wed) 21:49 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。