☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ(バンコク)、反政府派による占拠に催涙ガスも

現在、タイのバンコクでは反政府派の首相府占拠に対して、警察が催涙ガスを打ち込むなど、混乱があるようです。渡航なさる方は注意なさってください。

http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20080829D2M2903529.html                            首都バンコクでは29日午前、警察の機動隊がPAD支持者らが占拠を続ける首相府に突入し、抵抗した一部の支持者らを警棒や盾で制圧。だが約2万人近い支持者らは座り込みを続けている。機動隊突入に反発したPADは、夜になって首相府の北約300メートルにある警察本部を包囲。警察は襲撃されたとして催涙ガスを発砲した。(上記URL記事の一部)

8月30日付で外務省の渡航情報でも、注意喚起がされています。http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header                        1.8月29日、首相府を占拠し続けている市民民主化同盟(PAD)に対し、
 警官隊が民事裁判所による退去命令を示し、退去するよう求めましたが、
 その際小競り合いとなり負傷者や逮捕者が出た模様です。
 
2.また、プーケット、ハジャイ、クラビーの各空港は、敷地内にPAD関係者
 が侵入したこと等により、30日午前9時(日本時間午前11時)時点で封鎖
 されており、全航空便の離発着が停止しています。
  さらに、タイ国鉄(STR)労働組合もPADのデモ活動を支持し、一部地域
 でストライキを行っています。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手
 に努めるとともに、首相府等の政府機関や集会、デモ等には近づかず、不
 測の事態に巻き込まれないよう引き続き十分注意してください。また、上記
 のとおり、タイ国内の交通機関に影響が出ていますので、出張や旅行等、
 国内移動を予定されている方は、関連情報の入手に努めてください。

4.なお、タイについては別途「危険情報」が発出されていますので、その内
 容にも御留意ください。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。