☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文部科学省の全国学力テストの結果は? -関西ー

昨年に引き続き公表された文部科学省の全国学力テスト結果。都道府県による差が固定化しつつあるとか。ですが、今後の各地域の取り組みによって変化が出ることもあるでしょう。各地域の努力を期待したいと思います。どうか、この結果だけで、決めつけられず、あくまで参考としてご覧になりますように。295

以下に読売新聞の関西版に載った記事を紹介しておきます。http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20080830kk01.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また低位大阪ショック・・・学力テスト結果公表

「早寝早起き」福井好成績


 29日に公表された文部科学省の全国学力テストで、初年度の昨年に引き続き明らかになった自治体間の「学力差」。2年連続トップクラスの秋田県では、今回の好成績にも注文をつける一方、全分野で最下位だった沖縄県は、全国平均との差が縮まったため、「子供たちは頑張った」と肯定的に受け止めた。成績アップを目指しながら、成果が出なかった自治体も多く、明暗が分かれた。

 小学校の国語、算数と中学の国語、数学の8分野のうち、5分野で全国1位となるなど2年連続で全国トップクラスの学力を示した秋田県。29日、記者会見した同県の根岸均教育長は「順位に一喜一憂することなく、課題克服に活用したい」と冷静だった。

 課題としてあげたのは、小学校算数Aの問題「3+2×4」。正答率は92%(全国平均71%)に上ったが、「全員が正解できてほしかった」と注文をつけた。

 福井県はすべての分野で3位以内に入った。全国学力テストと同時に行われた学習状況調査では、早寝、早起きをしている児童、生徒の割合が全国平均より高く、県教委の加藤良子企画幹は「生活習慣が身についているから、家庭でもきちんと学習でき、好成績につながった」と分析した。

 一方、大阪府の綛山(かせやま)哲男教育長は「前回より今回のほうがショック。低位で固定化していることがはっきりした」と厳しい口調。小学校の計4分野の順位は34~45位で、昨年の41~45位からやや上昇したが、中学校は4分野とも43~45位で昨年と同順位にとどまった。担当者は「小学校が改善したように見えるが、誤差の範囲内。少し対策を取れば学力が上がるという楽観論もあったが、甘い考えは吹っ飛んだ」と話した。

 高知県は2年連続で中学の全分野で46位。1月に県教委職員を秋田県に派遣。家庭で勉強している児童、生徒の割合が低いことがわかり、放課後に勉強の相談に乗れるよう、退職教員ら30人を対応の必要な学校に重点配置した。県教委小中学校課の笹岡康典課長補佐は「今後、効果が出てくるはずだ」と期待する。

 沖縄県も昨年、5~16ポイントも開いていた全国平均との正答率の差が、今年は8分野のうち6分野で縮まり、仲村守和教育長は「粘り強く問題を解くよう子供たちに呼びかけた。それが全国との差を縮めた一番の要因では」と笑顔を見せた。

近畿内でも“格差”

 近畿では、奈良県が昨年同様、小中ともすべてで全国平均を上回り、好成績をキープ。京都府も応用力を問うB問題では、すべて全国平均を上回り、小学校の国語B、算数Bはベスト10に入った。兵庫県も、おおむね10番台だった。一方、滋賀、和歌山両県は、B問題については、すべて全国平均を下回った。

「このざまは何か」橋下知事

 大阪府の結果が2年連続で全国平均を全分野で下回ったことについて、橋下徹知事は「去年、原因を分析して対策を取ったはずなのに、このざまは何なのか。教育委員会は最悪。抜本的にやり方を改めてもらわないと困る」と、府教委を批判した。橋下知事は放課後学習導入などを提案してきた。「僕の提案を教員は越権行為だと批判するが、『まずやることをやってから意見を言え』と言いたい」と話した。

2008年8月30日  読売新聞)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。