FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

公立中学に入る方へ (英語圏やインターからの帰国)
この6月に海外での生活を終えられて、日本の公立中学に編入なさった方も少なくないと思います。
特に英語圏現地校やインターから帰国された子どもさんにとっては、公立中学での英語の授業はちょっと心配なものかもしれませんね。
 
お仲間からそういった方に対してアドバイスがありました。
 
『まず、英語の発音ですが、時々、先生によっては見本の発音として帰国生徒の本を読ませることがあります。それがちょっとイヤだなと思われるような場合は、前もって担任を通じてお願いしておかれるといいかもしれません。あまり目立つのを好まないので、とか、シャイなタイプなので、などとおっしゃるとよいかもしれません。
 
また、日本のテストに早くなれるため、日本の文法を徹底的にこの夏休みに勉強してください。
関係代名詞、仮定法過去、受動態という言葉がわからずに、最初は、満足にテストができないこともありますので。それから、ピリオド、カンマ,アポストロフィーなどをきちんと書くように、気をつけてください。
 
アメリカで10年近くいて英検1級、TOEICはほとんど満点近い点を取って帰っても、帰国したばかりのころ、英語の点は決して良くなかった人もいます。
日本のテストに慣れてきて、ようやく点が上がり始めたときに、先生から「○○さんは、英語ができるんだねぇ」といわれたそうです。
 
英語の成績が4だった方は、お母様が先生に話に行きました。すると先生は、「授業中に手をあげて発言する回数が少ないので、」ということでしたが、子どもさんに尋ねてみると、「みんながわかる問題に、自分が手をあげても当ててもらえない。かといって、自分ひとりが手を上げたら、先生はもうちょっと考えてみようといって、自分には当ててくれない。」と言ったそうです。そのことを伝えると、次からは、成績表に5がついたそうです。
 
疑問に思われた点は、直接先生とお話された方がいいと思います。
もちろん、先生が不愉快に思われるような言い方ではなく、子どもの思いを分かっていただけるように伝えてください。』
 
また帰国の先輩のお嬢さんからは、発音に関してこんなアドバイスがありました。
 
『公立中学に入ると、発音をすごーいだとか、かっこいいだとか、もしかしたらねたむ子もいるかもしれない。それがいやなのであれば、発音を偽るのは面倒くさいことだと思うけど、偽ってもいいのではないかと思う。 けど、それは、克服する必要もいつかはでてくるので、今、発音を披露してしまって、日本人の子達に適応することも大切だと思う。』
 
がんばってくださいね。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック