FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

日本人学校? インター・現地校?   ーメリットと留意点-

渡航なさるときに、赴任地の状況によっては学校選択に制約が出てまいります。ですが、選択肢の多いところもあります。その場合、どういう学校選びをすればいいのでしょうか。もちろん個々の子ども・家庭によって違いますので一概には言えません。例えば子どもの性格なども考慮しなければなりません。また今後の進路についても検討しなくてはならないでしょう。(再赴任があるのか、なども含めて) 適応に無理が生じた場合は、日本人学校に転校するということも考えてよいと思います。

今日は、日本人学校とインター・現地校のメリットと留意点を列挙しておきます。インターや現地校に入れる場合、どれくらい家族が子どもを支えられるのか、帰国後を考えてどのように過ごしていくのかは非常に大切なことです。海外に住む場合、日本に居る時以上に家庭の教育が大切になってまいります。(学術的な言葉で言えば、「教育戦略」ということかもしれません。戦略といってもいろいろ策謀することを指すのではありません。どういうふうに子育てしていくか、という意味です)

日本人学校のメリット・・・日本国内と同じカリキュラム。帰国後に不安が少ない。
                進学時期にズレが無い。
日本人学校の留意点・・・現地の言葉は身につけにくい。現地の人と接触する機会
                が少ない。
                具体的な日本社会については体験が少なくなることは
                避けられない。
                日本人学校には高校はない。
                帰国枠で受験できる学校もある。
現地校・インターのメリット・・・語学力がつけられるが、学習言語をマスターするには
                  時間が多少かかる。
                  現地の人や色々な国の人と交流する機会が多い。
                  自分の意見を明確に言えるようになることが多い。
                  帰国枠で受験ができる。
現地校・インターの留意点・・・当初は外国語の習得に援助がかなり必要。
                   当初、学年を下げて編入ということもあり得る。
                   また学齢が違う可能性もある。
                   インターの場合、認可された学校かどうか。
                   ESLなどがあるのかどうか。
                   インターの学費は非常に高額のことも多い。特に
                   日本人学校のあるところでは企業からのインター
                   就学の学費援助が無いこともある。
                   日本語の保持伸長のために家庭内でかなり努力が
                   必要。できるだけ補習校などへ行かせる。通信教育
                   の利用も考えても良い。
                   日本人の良さ(勤勉、謙虚?)などの美点を理解さ
                   せ、時には躾ける。日本の行事などを家庭で行う。
                   年度の始まり終わりが違うので帰国時期について
                   すべての子どもの一覧表を作って教育計画を考え
                   ておく。
                   高校での途中編入は難しい場合があるので、高校
                   進学時残りの任期を十分考慮する。
                   高校生の帯同は本人の語学への適性や受け入れ
                   体制(ESLや卒業試験など)を確認して慎重に。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック