FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

日本語を、どの程度させておいた方がいいの?

「日本語をしっかりやらせておかなければ、帰国後、困ります。できれば、日本人学校があるところなら、日本人学校がいいです」という意見を耳にします。それは、ある程度正解なんですが、私は「断定はできないんじゃないか」と考えています。


日本では、日本語が大事。当然ですよね。例えばアメリカにいけば英語が大事ですし、できるだけ現地の方に追いつくよう努力します。日本では日本語で教育を受けますし、帰国が確かなら、日本語をできるだけ学齢近いレベルに持っていっておいたほうが、帰国後がラクです。日本人学校を勧める方は、渡航後も帰国後もストレスが少ないという気持ちからの発言で、ある意味、大変子ども思いなのかもしれません。ですから、その選択も良いでしょう。


しかし、日本人学校がないところもありますし、家庭の選択によってインターや現地校ということもあります。さてその場合、どの程度、日本語を勉強させておいたほうがいいの?ということになります。もちろん、余裕があるなら、できるだけ学齢レベル近くです。でも、英語なり現地の言語で思考力が十分育っているなら、大丈夫とも言えるのです。


日本語や日本の学習がかなり遅れているけれど、それがOKな場合というのは、日本で十分にケアできる学校を選ぶか、親がケアできるなら(家庭教師や塾を使うという方法も含めて)、という条件がつくと私は思います。                                                ところで、現在の関西の学校状況を考えるなら、そういった学校を選ぶのは厳しいものがあります。例えば、日本の勉強がかなり遅れて帰国した小学生の場合、従来は神戸大学附属住吉小学校が非常に頼りになる学校でした。しかし、いずれ、そう遠くない将来に、附属住吉小は明石に移転合併すると言われています。帰国子女学級が存続するのかどうかは微妙ですし、明石は関西ではかなり西部になってしまいます。                                                      では、中学生以上なら?ということになりますと、十分なケアのある学校というのはやはりかなり少なく、神戸大学附属住吉中(これも、いつまで帰国子女学級が続くのかは不明)や京都教育大学附属桃山中の帰国子女学級はかなり頼りになります。しかし、あとは皆、他の帰国児童・生徒とともに受験するということになるわけです(上記の両校は受検はありますが、基本的に援助を志向しています)。となると、とても良い学校なら、そこで帰国子女同士の競争が生じてきて、その結果、学校としては、今、日本語が十分できなくても将来学力が伸びそうなポテンシャルのある子ども、すなわち英語であれ現地の言語であれ、思考力があると感じさせる子どもが欲しい、ということになってくるのです。                                                 ですから、ただ単に英語や現地の言葉が喋れるだけ、といったような場合、有名校への入学は難しいのです。有名校でなくても、それはそれで私はいけない、とは思っていませんし、いくらでも挽回の方法はあると思うのですが、多くの親は自分の思っていた予想と違っていてガックリしたりするのです。また、日本語ができないのに、帰国受け入れ専門校に入れず苦労することも出てきたりします。他にもいろいろ苦労もあるでしょう。だからこそ、日本語日本語とおっしゃる方が沢山いらっしゃるんだろうと私は思います。                                                   


ですけれど、何語であれ思考力が十分育っていて、またいざとなったら頑張る力を持っていれば、そして人を受け入れ、また受け入れられる子に育っていれば、私はそれほど心配することはないんじゃないかな、とも思っています。そういう子どもなら、受け入れて育ててくれる学校は関西に皆無ではないので。                     


しかし、それにしても神戸大学附属住吉小学校の帰国子女学級がなるなるかもしれないのは、本当に大きな痛手に思えます・・・。小学生の場合は、親のケアでフォローしていくことが必要なのでしょうね。

トラックバック
この記事へのトラックバック