☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関西初、摂陵中・高が早稲田の系属校に。

海外には早稲田渋谷シンガポール校(渋谷幕張シンガポール校が2002年から早稲田渋谷シンガポール校に)がありますが、関西に初めて早稲田の系属校ができます。

それは摂陵中学・高校で、2009年に系列化し、早稲田への入学枠は当面40人ということだそうです。                                               http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080606-OYT1T00637.htm http://mainichi.jp/select/today/news/20080607k0000m040110000c.html                                       読売と毎日のネット記事には系列校という記載になっていますが、京都新聞では系属校という記載になっています。http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008060600157&genre=F1&area=O10

早稲田大学のサイトを見てみましたところ、附属校と系属校という書き方になっており、系属校と書くのが正しいようです。ですが、系列校という言葉でも内容的には同じなのでしょう。http://www.waseda.jp/edu/examinee/2nyuugaku/nyuusi/fuzokukeizoku.html

いよいよ、早稲田が関西に進出。保護者の側から言えば、早稲田に進学できる学校が関西にもできたということになります。首都圏の有名大学で関西に系列校を持つのは初めてだと思います。関西の大学にとっては脅威かもしれません。また関西の中高にとりましても、早稲田という有名大学の系列校は脅威かもしれません。    (もちろん、大学名だけの学校選びは問題です。やりたいことが、できそうかどうかというのは基本です)

摂陵中学は帰国受け入れをしていて、かつて私も訪問したことがあります。駅から少し遠いですが、緑豊かな環境の中にあり、応対してくださった先生もとても親切でした。すぐ隣には向陽台高校という単位制・通信制高校も併設されていました。学校そのものは全く別に運営なさっていますが、同じ経営母体です。

追記:上記は報道があった6月6日に書きました。その時点では早稲田大学のサイトに記載が無かったのですが、6月7日に記載されましたので、ここにリンクしておきます。  http://www.waseda.jp/jp/pr08/080607_p.html                                            系属校計画に期待できること、系属校の形態、系属校化の検討項目が箇条書きにされていて、非常に分かりやすいものです。他校も参考にされてもいいかもしれない、と感じました。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。