☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現地校・日本人学校・インター? どれを選ぶ?

これから海外へ行かれる方や、現在、海外に住んでいる方と一緒に考えてみたくて、今日は書いてみます。


さて、これから海外へ行くという方にとって、現地でどんな学校を選ぶかは、ときとして大きな問題になることでしょう。場合によっては、海外単身赴任という選択もあるかもしれません。


まず行き先が北米だと、ほとんどが現地校しかありません。現地校しかない地域では、選択するもなにもなく、自ずと現地校になります。子どもさんが高校生くらいになると、そして日本で中高一貫で充実して暮らしていたりすると、ご主人に単身赴任をお願いするということもあるでしょう。もちろん高校生でも連れて行くという選択肢もあると思います。そして、そのまま現地の学校に進むという人も、中にはいらっしゃいます。それはもう、本人の意思で決まってきます。


次に欧米などは、日本人学校・インター・現地校という3つの選択肢が生まれてきます。この選択は、家庭の価値観と状況、子どもの年齢・滞在期間・適性など複雑な要因が絡み、私からこれがいいです、という決定的なことは言えません。日本人学校であれば、「日本の教育、日本語による教育」を受け続けられるという点で、最も問題は少ないでしょうから、リスクが一番少ない選択と言えます。けれど、現地の子どもと遊ばせたい、現地の社会で生きさせたいと思うと現地校という選択肢もあります。現地校へやらせてみたが、どうも子どもに負担がかかりすぎると感じて、日本人学校へ替えるという方法もあり、そうしてうまくいった人も知っています。ただし現地校選択というのは、非英語圏では言語的なことを考えると、中学生以上では難しいことが多いでしょう。中学生以上や今後も海外での移動が続きそうな場合や、また経済的にゆとりがあれば小学生でもインターということもあります。しかし、将来、日本に帰国されることが確実ならば、日本語はどういう方法であれ、やらせておかなければいけないでしょう。年齢相応の思考力がついているかは、しっかり見ておかないといけないのは、現地校へやらせる場合もインターへやらせる場合も同じです。さて、高校生ならば日本人学校はありませんから、もうインターという選択肢しかありません。高校の間だけ海外へやらせるなら、期間は最低2年滞在でないと、帰国枠で受けられる大学は非常に少なくなります。また2年間だと、よほど頑張らないと他の帰国生徒と同じ土俵に立つのは厳しいかもしれません。とはいえ、短期間でも良い体験と捉えることもできるかもしれません。


次にアジアなど途上国の場合ですが、小学生なら現地校という選択をした人も居ますし、その後、帰国してちゃんと暮らしていらっしゃいます。しかし、ほとんどは日本人学校とインターで迷われるのだろうと思います。日本人学校のあるところなら、たいていの企業はインターの高い学費をサポートしてくれないことでしょう。そうすると自分で払うことになります。経済的なことが大丈夫なときに、インターが考慮に入ってきます。日本人学校にすべきか、インターにしたほうがいいか、これも本当に申し訳ないですが、私としては決定的にどちらが良いとは言いかねます。それは、もう家庭の価値観、家庭がどれだけその子をフォローできるのか、子どもの年齢、滞在期間、将来的な進路予測、性格、能力などあらゆる要素を考えて決定すべき問題だからです。結局の所、子どもに過重な負担になることはないだろうという点を重視し、子どもの特長を伸ばせそうな選択しかないだろう、というのが私の結論です。親の過大な押し付けは厳禁ですけれど、子どもの能力を信じることも必要です。そのあたりは、もう個別性ということしかありません。今は現地から発信くださっているサイトもたくさんあります。現地の状況をできるだけ把握してくださいね。アジアは近いのですから、事前に見に行くということも可能かもしれません。


結局の所、                                          ①日本人学校は一番リスクは少ない                        ②何語で学ぶにしても、思考力が年齢相応についているか、絶えず確認しておかなければいけない                                  ③将来日本へ帰るなら、日本語はどこかでやらせておいたほうが良い                               ④子どもに過大な負担にならないよう、しかし子どもの能力を信じて、個々の状況に応じて選択していく(アジアのところで書きましたように)、             ということしかないように思います。結局、なにも言えていない結論かもしれません。しかしながら、各家庭が子どもに応じて選択をしていくしかなく、その家庭の判断力と感性を私は信じています。そして各家庭は必要なときは、信頼できそうな人や機関に、ご自分の子どもさんの状況を伝えて、相談なさってくださいませね。(ピアーズでも仲間が増えてきていますので、相談可能ですよ)

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。