FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

朗読の会を聞きに行きました。

お知り合いが朗読の会をなさるということで、聞いてまいりました。素敵なホテルが会場でした。時間前には、お洒落で知的な雰囲気の方々がどんどんホテルに入っていかれます。

朗読というと、私は女優さんがなさっている朗読か、もしくは子供向けの読み聞かせしか知りませんでした。他には目の不自由な方々への朗読奉仕でしょうか。ところが、今、かなりの女性たちが朗読を楽しんでいらっしゃるようなのです。カルチャーセンターにもそういった講座があります。今日はざっと見たところ、200人程の女性達(男性も少しいらっしゃいましたが)がお聞きになっていました。大盛会です。

今日、お聞きしたグループは女性7人で活動していらっしゃいますが、もう20年の歴史があるそうです。私の知り合いは6年前から参加しているとのことでした。

テーマは「女性作家が描く豊かな世界」ということで、女性作家が書いた5つの小説が読まれました。しっかりと落ち着いた声で、なおかつ声の表情が豊かで、惹き込まれました。

最近、小説を読まなくなっている私にとっては、面白さ再発見という感じでした。乃南アサの「姑の写真」という話は、今、お姑さんとお暮らしになっている方が読まれたら、とっても良いだろうなあ、という気がいたしました。また曽野綾子の「飼育の楽しみ」はアメリカ人らしさが溢れた、興味深いものでした。曽野綾子にはいろいろ思うところがありますが、小説はなかなか手だれですねえ。

ほんとに朗読もとても良いものだなあ、と思いました。音楽もつけて、一つのものを作り上げる作業は大変だったでしょうが、実り多いものだと思います。7人の力が合わさって、とても良い舞台になっていました。

また、秋にも大きな舞台で公演なさるそうです。その時は衣装も凝られたりするのだとか。ぜひお伺いしたいと思いました。テーマには「鬼・雷神・陰陽師」とありましたから、ちょっとおどろおどろしい世界かもしれません。楽しみです。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック