☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
養護施設で学習サポートをしながら思うこと。

昨年から継続的に、ある児童養護施設で学習支援のボランティアをさせていただいております。小学生のお子様の宿題を見るというものです。

ほんとに子どもさんによって、理解する力には発達のバラツキがあるのだなあ、と感じます。と同時に、学校の勉強を十分習得しないまま、過ごしてしまうお子さんもいるのだなあと実感しています。

漢字小テストで0点だったと見せてくれた子どもがいました。やり直しをしないの?と聞きましたが、もう終わったからいい、と言います。手伝ってあげたい気持ちは十分ありましたが、時間も限られていて、それは不可能でした。

保護者から離れて生活せざるを得ないお子さん。あるお子さんは、お父さんがお母さんにふるうDVが原因のようでした。子どもさんは皆、なかなか明るく元気です。ですが宿題をとりあえずやっていくだけで精一杯の状況です。家庭環境によって学習サポートに差ができてしまうことが、どうしようもなくて、いつも自分の無力さを感じつつ帰宅しています。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。