FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

日本でも学校倒壊、生徒生き埋めは起こり得る!

中国で起こった地震。学校が倒壊して、たくさんの生徒達がが生き埋めになっている模様と、連日報道されています。子どもの遺体のそばで泣き崩れる両親。いたたまれない思いです。

ところで、これはどうやら中国だけで起こる問題ではないらしいのです。日本の耐震基準はもっとしっかりしていると思っていましたが、そうとばかりも言えないというネット記事を読んで驚きました。阪神大震災の時は学校に避難する人も多いでしたのに・・・。

どうぞネット記事をお読みになってください↓ http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/ba/43/index.html

ネット記事はそのうち消滅してしまう場合もあるようですので、以下に記事の一部を引用しておきます。                           日本の学校の耐震状況クリックすると大きく出ます。

 図1「都道府県別・公立小中学校施設の耐震改修状況」と、図2「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」を比較してみよう。すると、耐震改修が遅れていると同時に、震度6弱以上の地震に見舞われる確率が高い都道府県が明らかになってくる。

   関東地方 ── 埼玉県、千葉県、茨城県
   近畿地方 ── 大阪府、奈良県、和歌山県
   四国地方 ── 高知県、徳島県、愛媛県、香川県

 これら地域に立つIs値0.3未満の小中高は、校舎が倒壊して生徒たちが生き埋めになる可能性が高いのである。


                                                           

 

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック