☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから外国の方がもっと増えますね。

お仲間から情報をいただきました。それは日経新聞の「福田康夫首相が掲げる「留学生30万人計画」の実現に向け、法務省は1日、日本の大学などに留学する外国人の入国審査を簡素化する方針を決めた。」というものです。http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080501AT3S2700601052008.html

この記事のすぐ下には「ローソンが新卒採用の1/3を外国人に」という記事や、「中東各国、日本の大学と交流強化」といった記事が出ています。

また読売新聞には「外務、法務両省は1日、日本語を話せる外国人の入国・滞在を優遇する方針を固めた。」という記事も出ています。http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080501-OYT1T00848.htm

これから日本にも外国の方がもっと増えていくことでしょう。大学もグローバルな基準で考えないといけないでしょうし、また少子化という現実もあります。そして日本は人口の自然減少というはっきりとした将来に備えて、外国の方々の助けがないとやっていけなくなるということなのでしょうね。

そうなると、もちろん外国人子弟の教育の問題もますますクローズアップされていくことでしょう。学校の門戸開放や、子ども達への日本語教育など、取り組むべき課題はいろいろあります。私達自身の受け入れ姿勢が問われることにもなりますよね。

帰国子女問題より、どちらかというと経済的なことや言語のこと、エスニシティといった様々な課題のある外国人子女問題のほうに重きがかかってくるのは仕方の無いことかもしれません。ですが、マイノリティ感覚(人によって違うでしょうが)という気持の上での共通点、また日本語力や日本的学力への不安など共通点も多いもの。互いに理解しあえる部分を大切にしたいですね。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。