FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

多文化共生フォーラム 「ときめき☆講座」

お知り合いが先日、このブログでもお伝えした多文化共生フォーラムに行かれました。(ブログ記事はこちらです→ http://peerskansai.blog85.fc2.com/?q=%A4%C8%A4%AD%A4%E1%A4%AD )

内容についてご報告をいただきました。以下、その報告で非常に気になった部分がありましたので書かせていただきます。

それはある府県の話なのですが、困っている外国人、特にフィリピンとかブラジルとか、中国帰国孤児の子弟ではない一般の中国人等に対応できる特別入試制度が無いということなのです。生活も苦しい方が多いのですが、公立高校に入ろうにも、特別の入試制度が無いために、今は定時制にどうにか受け入れてもらっている状況だそうです。中国帰国孤児子弟のための入試には、まだ空き枠があるけれど、制度上利用できない外国人子弟が非常に多いのが現実だとか。

私の聞いている話では、それはある一府県だけではなく、関西の他府県でも似たようなことが多々あるようです。

大学入試においても、留学生ではない外国人にとっては、特別枠にも該当せず、大変な情報不足で困っていらっしゃるそうです。

「ピアーズ@関西」として、こういった方々のための情報収集とその公開も、他のNPO団体の方々と協力して進めていければな、というふうに個人的には考え始めています。

トラックバック
この記事へのトラックバック