☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもの「やる気」を育てる方法

子どもに「やる気」を出させるにはどうしたらいいのか分からない、というお話をよく聞きます。親野智可等先生のメルマガにあった以下の言葉に私は同感します。

「一つ目は、親のやる気を押し付けないことです。
親の価値観から出発している限り、決して子どものやる気を育てることはできません。

二つ目は、子ども自身のやる気の芽を見つけ、それを支援して伸ばしてやることです。

そうすれば、自分に自信が付いて、他のことにも意欲が出て、生活全般に張りが出て、すべてが良い方向に循環し始めます。

三つ目は、その時々で、子どもにとって必要なことは何か、と考えてやることです。」

親が良くしてやろうという思いからであっても、押し付けになっている限りは「やる気」は育ちません。人間、なかなか自分自身の弱さを変えられないのは、親自身も経験しているはずです。むしろそれよりも、二つ目に書かれているように、子どもに自信をつけてやって自然に「やる気」を引き出すことでしょう。また一時的にやる気を失っているように見える時も、それは子ども自身が休憩を必要としている期間なのかもしれません。じっくりと待つ姿勢も大切でしょう。少しずつ自信を育て、やる気が出てくるように導きたいものです。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。