☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPod(MP3)の時代?(イヤホン・ヘッドフォンについて)

この前、ちょっと興味深いことがありました。

お友達と立ち話をしていて、横を通った人が「チャリン!」と硬貨を落としたのです。それで私とお友達は、硬貨を拾いつつ、「落とされましたよー」と叫んだのです。ところが素知らぬ顔をして、その若者はずんずん行ってしまったのです。親切なお友達は追いかけて硬貨を渡しました。若者はやっと気づいてヘッドフォンを両耳から抜きました。

ああ、そうだったんだ、と私たちは思いました。「チャリン」という音にも気付かず、私たちの声にも気付かず、若者はどんどん歩き続けたのですね。コミュニケーション阻害の要因の一つにもなってしまったヘッドフォンだったのでした。

最近、多くの都道府県が「自転車運転しながらのイヤホン・ヘッドフォン禁止」の条例を施行しつつあるようですけれど、歩行者も両耳へのヘッドフォン装着はどうなのかしら?と思った出来事でした・・・。時によっては、単にコミュニケーションの問題だけではなくて、危険な場面もあるような気がします。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。