☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国語にもリスニング?!

高校の国語の入試問題にリスニングが取り入れられる傾向があるそうです。現在のところ関西以外の公立高校8県で実施されているのですが、今後拡大していくのではないかということです。私立高校でも取り入れているところも増えているとか。http://www.asahi.com/life/update/0127/TKY200801260304.html

帰国枠の入試では面接がありますので、あまりこういった試験を受ける必要はないでしょうが、帰国してしばらく経って一般入試で受けられる場合、また日本人学校出身で一般入試で受験される場合、今後こういったこともあるかもしれない、と考えておかれても良いでしょう。

ちゃんと人の話を聞けない生徒が増えてきているという現状から行われるようになった試験のようですが、日本語での会話の重要性、聞き取りの重要性を再認識なさっておいてくださいね。小さい頃からの絵本の読み聞かせや家庭内での会話や話し合いなど、海外生活で心がけておくべきことがあります。再々書かせていただいておりますけれど、どうぞ今一度心しておいてくださいませ。                              これは単に受験対策として申し上げているのではありません。言語能力は社会生活を営む上で基礎となるからです。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。