☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発達障害、学習障害へのサポート

米国などでは発達障害や学習障害を持つ子どもに対して、早くから専門家による診断を受けるように勧めたり、支援をするということが、ごく一般的に行われています。Secial Educationという分野は教育学の中で大きな位置を占めています。

日本では本年度から文部科学省で「発達障害早期総合支援モデル事業」が導入され、教員の加配なども含めていろいろな施策が始まりました。http://211.120.54.153/b_menu/houdou/19/06/07060609.htm

とはいえ、まだまだ一般的には十分、周知されていないのが実情でしょう。また、そういった診断ができる専門家や病院の数も多くはなく、予約を取るのもなかなか大変だと聞いています。

けれど親たちが集まって作ったNPOなどはたくさんできています。そういったところで、お互いに話し合ったり良い情報を得たりするのも大変良いのではないかと思います。

いくつか検索してみたものをここにご紹介させていただきます。                                  http://jddnet.jp/ この中の「JDDNetとは」というところをクリックして会員一覧を見ますと、全国の会員NPO団体が出てきます。                                                                http://www.pure-higashiosaka.com/  東大阪にありますが、梅田で支援のためのワークショップが行われたりしているようです。                                                  http://www.try-angle.org/ 兵庫県伊丹市にあります。発達障害や学習障害への理解を深めるための小冊子を何冊も作ってられます。                                 

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。