☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「国語力」と家庭内での会話

岩波書店の調査によりますと、「本を読むこと」「辞書を引くこと」「家族との会話の多い環境」が国語力に大きく関係すると、小学校教師は感じているそうです。http://book.asahi.com/news/TKY200711270266.html

確かに、私の実感も同様です。とりわけ「家族との会話」という点を重視したいと思います。                                                           日本語の保持伸長に関しては、内発的な動機付けとして一時帰国などを利用して日本語ネイティブのお友達と遊ばせること(現地では日本人学校のお友達との交流も良いでしょう)、本の読み聞かせなどを通して日本語の本を読む楽しさを実感させること(漫画を読ませるのも悪くないでしょう)などが大きな助けになると思います。                                                   それに加えて、家族内での会話が大切だと思います。日本語を維持伸長させたいならば、日本語による会話が大切です。それもただ単なる日常会話だけでなく、本を読んで感想を言い合ったり、大きくなれば新聞記事やテレビニュースを読んで議論の真似事をしてみることも良いのではないでしょうか。そういった中で、親の価値観も伝えられるでしょう。単に「国語力」の問題だけではなく、本当の気持ちを自然に伝え合うことのできる家族になるためにも大事なことのように思います。そしてそれは家族内の人間関係にとどまらず、対人コミュニケーションにも関わってくるように感じます。

何よりも会話を楽しむことが大事かと思います。親子で楽しい会話のキャッチボールができるようにと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記の記事のコピー

「国語力」と辞書

岩波書店が、東京、大阪の小学校の国語教師100人を対象にこのほど行った「児童の国語力と辞書に関する調査」によると、全体の88%が「最近の児童の国語力が低下している」と答え、その原因について(複数回答)、「本を読まなくなったこと」を挙げたのが78%だった。また、95%が「辞書を引くことは、国語力向上に効果があると思う」と答えた。「国語力向上のために望ましい家庭環境」としては、89%が「家族との会話が多い環境」を挙げた。2007年11月25日 朝日新聞

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。