☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入学後の教育方針変更に対する訴訟

ネットにこんな記事が載っていました。


教育内容変更:江戸川学園が逆転敗訴 東京高裁「違法」



 江戸川学園取手中学・高校(茨城県取手市)の在校生らの父母が「特色ある教育を一方的に変更され苦痛を受けた」として、学校法人江戸川学園に約2460万円の賠償などを求めた訴訟で、東京高裁は31日、請求を棄却した1審判決を変更し、480万円の支払いを命じた。柳田幸三裁判長は「入学後の教育内容変更は、親の学校選択の自由を違法に侵害している」と述べた。


 同校は論語の講話を速記させ感想文を書かせる道徳授業など独自の教育をしていたが、校長が04年7月に解任され、廃止された。これに対し、在校生や卒業生、教育方針変更で転校した生徒計24人の父母が提訴していた。


 判決は、学校側が生徒募集で「学力向上にプラスとなる」と独自の道徳授業を積極的に宣伝していた上、教育内容の変更を十分説明していないことなどを挙げ、「我が子に最善の教育環境を与えたいと入学を選択した親の信頼を裏切った」と指摘。授業の廃止に正当な理由は認められないと結論付けた。


 1審・東京地裁は「教育の具体的内容は学校側に広範囲に委ねられている」として、原告側の主張を退けた。


 また、原告側は学校との在学契約を根拠に授業復活も求めていたが、判決はこの点については1審同様「契約当事者は生徒で、親ではない」と退けた。【北村和巳】


 ▽木内英仁・江戸川学園理事長の話 承服できず上告する。学校の教育の自由にかかわり、憲法問題として最高裁に判断してもらう必要がある。




毎日新聞 2007年10月31日 22時13分   http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071101k0000m040128000c.html


校長が替わると教育方針が変わることは、時々あります。それでも訴訟が起こるのはあまり聞いたことがありません。訴訟が起こることもあるのだなあ、と驚きました。



トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。