☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公立小学校の英語教育

最近、どの地域の小学校でも英語教育が取り入れられてきています。1ヶ月に1回程度は英語ネイティブの先生が来てくださったりする公立小学校もあります。


英語圏からの帰国児童にとっては久し振りにネイティブと話せる楽しい機会でもありますよね。また先生も、帰国児童の英語力維持の手助けをしてあげたい、という気持ちもあるのでしょう。帰国児童とつい、話が弾みます。すると・・・、時によっては普通の日本人生徒のやっかみが入ってしまうこともあるそうなんです・・・(涙)。お仲間の一人がそんな話をしてくださいました。 


なるべく早く、そういうことに気付いた時点で担任の先生に、ネイティブの先生が皆の前で帰国児童と英語であまり話し込まないようにして欲しい、とお願いしてみたほうが良い場合もあるようですよ。


ちょっと気をつけておいてくださいね。                                  公立小学校に英語教育が無かったついこの前までは考えられなかった新しい現象ですよね。


                        

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。