☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聴く力って、とっても大事ですねー。

最近、特に思うんですけど、「聴く力」って大事ですよねー。                                                          お友だちが傾聴ボランティアをしていらっしゃって、「聴いてさしあげること」はお年寄りにとって、なによりも癒しになるように伺っています。                                     でも今、私が感じているのは、親が「聴く力」を持っているかどうかで、子育てはずいぶん変わってくるような気がするなあ、っていうことです。


また「聴く力」というのは子育てだけではなく、他の人間関係においても大切なんだなあ、って思います。難しいことは、本当に多々あるのですけれど・・・。


それに「聴く力」は夫婦関係においても大事なんじゃないかしら、とも思います。ちょっとおノロケに取られると困るんですけど、うちの夫は本当に物言わずなんで(家族に対してだけ。外では愛想がいいんです。困ったもんです・・・)、コミュニケーションが取れているんだか、取れていないんだか、分からないことがあります。でも、ふとした時に、「ちゃんと私の言ってたことを聴いてくれてたんだ」って気付くときがあります。ただ単に聞き流しているんじゃなくて、受けとめてくれてたんだな、って。そして、その時は有り難いな、ってちょこっと思うんです・・・。


この秋の私のテーマは「聴く力」でしょうか。ついこの前までの私のテーマは「待つ力」でした・・・。(今も完全にその力を体得したわけじゃありませんけど)

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。