☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼稚園再編問題・・・市の教育審議会、傍聴

先日、市報で見て、市の学校教育審議会を傍聴してきました。傍聴者はたったの3人。私以外は公立幼稚園の先生だけでした。市報に載っていたテーマは「これからの幼児教育のありかた」という、再編問題を匂わさない書き方で、これでは当事者である保護者達には気付かれることはないだろう、と思われるものでした(--;)            国の教育行政と同じく、行政の意向があって、それに基づいて審議会で審議され、その上で公務員が案を作り、それを議会で決定するという流れがよくわかりました。市民はそれらの動きをよく注視する必要があると思います。


まず第一の議題は認定こども園について。少子化に加えて働く親が増え、また長時間の預かりを希望する親の増加もあって、幼稚園と保育所(保育園)の合わさったようなものが望まれている、といった説明がありました。認定子ども園とは、私立・公立を問わず、両方の機能が合わさったものであるということでした。即ち幼稚園は教育的要素が強く、保育所(園)は養育的要素が強いものであるが、その両方を兼ね備えたものだということです。http://www.youho.org/


今年4月から実際に運営が始まるそうです。どちらかというと過疎地にできてきているとのことで、ある地域では私立の幼稚園も少子化、公立の保育所も少子化で、両方を併せて一つの認定こども園が成立しそうだということでした。幼稚園・保育所(園)の合体というだけでなく、私立・公立も連携していくようです。認定こども園には公的な補助金は割合出る予定なので、月謝はそれほど高くはならないだろうということでした。当市にも一つ、モデル的な認定こども園を作ろうという話が出ているようで、その方向で考えていきたいとのことでした。先生方の資格ですが、保育士と幼稚園教諭の両方の資格が要るのだが、その両方の資格を先生方にとっていただけるように援助したいということでした。これは将来的には一体化した資格になっていくのかもしれませんね。


次に公立幼稚園の統合問題について話し合いがなされました。少子化と市の財政状況から現在の幼稚園数を2/3にする方向で考えていきたいという市の意向に合わせて、議長さんである学識経験者は話し合いを進めていらっしゃるようでした。現在、当市は4歳児クラス30人、5歳児クラス35人ということですが、1クラスのところがあったり、規定人数を1人でもオーバーすると15人と16人のクラスになったりしているそうです。それを1学年につき30人クラスを2つずつということで、幼稚園数を減らしていくようでした。2クラスあることが、子どもの発達に良いという理由が述べられていました。どうやら私立幼稚園がある地域などが、削減対象になりそうな気配を感じましたが、どの幼稚園にも地域との密着性があるので、どれを削るかは非常に難しいという意見が出て、当日の話し合いは終わりました。


保育所のほうでは、民営化に移行していこうという話も出ており、また保育所の保育料は収入とリンクさせてあるという状況の説明もあって、あと十数年もすると幼稚園のほうも民営化して、収入とリンクさせた月謝という方向性もあるのかな、という気がしました。


また近年、保護者が公教育に信頼を置かなくなっている傾向が強く、幼稚園・小学校・中高と私学志向が強くなっているという話も出ていました。私自身は子どもを公立幼稚園にやり、その伸び伸びした教育はとても気に入っていましたし、ベテランの先生を大変頼もしく感じていたのですが。


また、そのうちに帰国後の幼稚園の選び方についても書いていきたいと思います。

テーマ:地方教育行政
ジャンル:学校・教育
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。