☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国枠のある国立・公立高校 大阪府

関西で帰国枠のある国立高校は、大阪教育大学附属池田高校のみです。神戸大学には現在のところ高校はありません。京都教育大学附属高校は付属桃山中学から連絡進学する帰国生徒はいますが、高校からは受け入れていません。なお一応ここに全国の国立附属学校のリストをつけておきます。http://www.zenfuren.org/005-sonota/005-03-fuzokukouen-heno-link/005-03-fuzokukouen-heno-link.html                               附属池田は難関大学への進学率は高いですが、受験教育に熱心というわけではありません。自律を大切にしています。それは国立附属に共通した特徴でしょう。授業についていけるだけの学力があり、なおかつ内部生に国際的な視点を提示できる帰国生徒を欲しているようです。帰国卒業生からの評価が高い学校です。                     


さて次に公立高校について書いていきます。殆どの府県で日本の中学、または日本人学校を卒業しているか、現地で9年の教育を終了していることが受験資格となっています。ですから現地9年の課程を修了せず4月から入学したいなら、12月か1月初めには帰国して公立中学に籍を置く必要があります。帰国枠で受験するなら日本の成績の内申はそれほど重視されませんが一般枠で受験するなら、あまり早く帰国すると慣れない日本の中学での成績がつきますのでご注意ください。                 6月に現地校を卒業してからの編入となると、空きの状況も流動的ではないかと思われます。しかし急な帰国の場合などは、なるべく早く教育委員会に連絡をとってください。                                          


大阪府ですが、帰国枠は外国に2年以上在留し、帰国後2年以内の者となっています。大阪府では帰国枠のある公立高校の学校数は多いです。                         


英語科のある市立高校6校(東・西・南・日新・天王寺商業・大阪市立)、        国際教養科のある箕面・旭・枚方・花園・長野・佐野の6校、               文系の国際文化科と理系の総合科学科を持つ千里・住吉・泉北の3校があります    すべての学校が学区に関係なく受験できます。試験は作文と数学・英語です。 上記の学校で帰国生徒と保護者に最も人気があるのは千里で、次に箕面のようです。大阪府北部(北摂)に帰国子女が多いということもあるのでしょう。                 (市立高校も入試は府の教育委員会が担当しています)                                


なお一般受験についても言及しますと、今年度から学区が従来の9学区から4学区へと減って、どの学校を選べばよいかの判断が難しいかもしれません。大阪は昔から公立が強い土地柄で北野・天王寺・三国丘などの進学校があります。学力レベルの判断がつかないようなら大阪進研の模擬試験などを受けてみられるのも良いでしょう。大阪進研のサイトは非常に充実していますから、是非ご覧になってください。公立高校の学区と地図・サンデー毎日の大学合格実績なども出ています。(←サンデー毎日のエクセル表は4月以降は削除されていました。今後、最新版が載る可能性もありますが)         http://www.o-shinken.co.jp/index2.htm                            公立高校受験に関するすべての資料は大阪府教育委員会のサイトで閲覧できますし、書式などもダウンロードできますので、ぜひご自分の目で確認してください。 http://www.pref.osaka.jp/kyoishinko/kotogakko/gakuji-g/H19_yoko/HSindex.html 


次回は兵庫県公立高校について書きます。                                                                                              

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。