☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天才詐欺師?  ーアメリカ 大学編入の実情ー
いやぁ、詐欺師というのは居るのですねぇ。 ハーバード大学編入で起きた、虚偽申告による合格の事件です。http://www.excite.co.jp/News/odd/E1274275115395.html

うまく繕って口と書類で騙していったわけですが、見抜けた大学と見抜けなかった大学があるようです。その違いは何でしょう。 この事件には今のアメリカの大学間の競争も絡んでいるとのことです。http://newsweekjapan.jp/reizei/2010/05/post-151.php

日本でもアメリカの入試制度を参考にしたAO入試というシステムがありますが、ここまで極端ではなくても、これに似たものはあるかもしれません・・・。 でも、ニセモノならいずれは化けの皮は剥がれるもの。 立派そうな口先だけで、最後まで通る社会ではないはずです。 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。