☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私立中高一貫校について井戸端会議。
今日はピアーズのお仲間と電話で井戸端会議をいたしました。

中高がある学校に途中から入る難しさが話題に出ました。 中高がある学校といっても、高校からどれくらいの人数が入るのか、帰国生徒受け入れ校で途中から入る人も多い学校か、いわゆる有名進学校なのか等、いろいろなタイプの学校があるので一概に言えない話ですが。

その方のお知り合いでは、有名進学校に高校から入ったものの、中学からの内部進学生徒に追い付けず、プライドも傷付き、結局、学業成績が落ち込んでしまった人が何人か居るというお話でした。 大学合格実績で良い学校に入っている生徒は、ほとんどが中学から進学した生徒である学校も多いのだそうです。 もちろん、高校からでも頑張って、追い付いて良い結果を出している生徒も居ますから、一概には言えませんが、そんな危険性もあるね、というお話でした。
高校から入ってもお友達が作れそうかどうか、というのもありますよね。 

また、大学推薦ですが、受け入れ校でない普通の学校の場合、中学から入っている生徒をどちらかというと優先する傾向があるように思う、というお話でした。 確かにそういう学校もありますね。長く関わっている生徒に親しみを感じるということもあるでしょうから。 もしかしたら、PTAで頑張ってくださっている保護者のお子さんだと多少優遇して推薦してくれる学校もあるかもよ、とまで話は盛り上がりましたが、これは実態は分かりません・・・。  普通に一般の大学入試を受けるより、推薦のほうが良い学校(有名私立大学)へ行けるケースが多いのが最近の傾向、とも話していらっしゃいました。
(オマケの話として、AO入試や推薦入試でも、英語が特別できるとかなり有利というのは本当だと仰っていました)

そんな話をしていたら、こんな記事がネットに載っていました。「私立中退学:どう対応 受験で燃え尽き、校風なじめず…」
記事によりますと、私立中学を退学する生徒は傾向としては増えているそうです。 受験が終わって、開放感で勉強が手に付かず落ちこぼれていくといったケースや、校風が合わなかったケースだとか。 


中学から入っても、高校から入っても、お子さんの性格、学校の個性、いろいろなものが相俟って、学校が辛いものになったり、楽しいものになったりするのですねぇ。 いろいろな可能性(=ありうること)を想定して、学校選びをなさってくださいね。



トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。