☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校入試の内申点  ー絶対評価と相対評価ー

①帰国して日本の公立高校を一般受検しようとした場合、または②帰国後いったん私立中学または国立中学へ入って公立高校を一般受検しようと思った場合、内申点の問題が出てきます。

海外から帰国した場合、公立高校を帰国枠ではなく一般受検する人は殆どが日本人学校出身者だと思います。その場合、帰国後はその府県に居住する(校区がある場合は校区内に居住する)といった受検資格の許可を得る必要があります。ですが、これは大抵問題無いことでしょう。

気になるのは調査書と言われる内申点です。これは受検する府県の様式に合わせて、日本人学校の先生に書いて貰う必要があります。

同様に、いったん、私立中学や国立中学に入られて、そこから公立高校を受検する場合も、府県内(または校区内)に居住するといった資格は充たさなければいけません。 そして、やはり調査書(内申書)を中学の先生に書いて貰う必要があります。


さて、ここで一つ問題があります。というのは、最近は大阪府以外は殆どが絶対評価で点数を付けています。しかしながら大阪府の公立高校一般受検では10段階評価の相対評価方式が取られています。 日本人学校や私立校、また他府県から大阪府の公立高校を受検する場合は、ここで内申点の換算が難しくなってきます。

大阪府教育委員会に確かめましたところ、大阪府はその学校での生徒の相対的な位置(評定別の人数が何人かといった分布)が分かるものを提出してもらい、決められた計算式にのっとって各公立高校が内申点を換算するということでした。そして、内申点と当日の試験の点数の配分についてはいくつかのパターンがあり、各学校はどれかのパターンかを選択し(どれを選択するかは10月頃に発表されるが、毎年、大きな変動はない)、計算をして合否を決めるということでした。

ですので、レベルの高い中学に通っていた場合は、若干、不利になる可能性はあります。そのあたりは、少し知っておかれたほうが良いかと思い、記事にいたしました。


なお、各都道府県の高校入試の調査書の様式はどのようになっているのかを、少し調べてみました。
・大阪府  学習成績分布表
       http://www.pref.osaka.jp/attach/6221/00035299/HS16.pdf
       3年生徒の成績一覧表 
       http://www.pref.osaka.jp/attach/6221/00035299/HS17.pdf
・兵庫県  学習成績分布表 (5のA)
       (3年生徒の)成績一覧表 (5のB)
       http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H22senbatu/HP/H22youkou_HP_mokuji.htm
・奈良県  学習成績分布表 
       http://www.pref.nara.jp/secure/30015/H22bunpuhyoutate.pdf
       (3年生徒の)学習成績一覧表 
       http://www.pref.nara.jp/secure/30015/H22ichiranhyou.pdf
・和歌山県 (3年)生徒成績一覧表 
        http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/500200/22shoyoushi/youshi-5.pdf
・京都府  特に無し 
       http://www.kyoto-be.ne.jp/koukyou/cms/?action=common_download_main&upload_id=61
・滋賀県  様式は発表されていない

上記の成績一覧表は必ずしも必要ないようです。各教育委員会にご確認ください。


トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。