☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の次は中国語の時代?

英語ができると、世界が広がりますよね。 世界中に英語を使える人間の数は多いわけですし、本にしろ、ネットにしろ英語で発行されているものの数は膨大です。

さて、次になにか言語をマスターしたいと考えた時、最近は中国語を考える人も多くなってきたようです。確かに、すぐお隣の中国はビジネスにおいても、またいろいろな交流においても、ますます重要な意味を持ってきていますよね。

こんな記事が出ていました。「留学先が映す構造変化」(太字はピアーズ)
 「英会話学校の相次ぐ破綻の背景には、新聞報道などでも伝えられているように、日本人留学生の米国離れがあるのかもしれない。文部科学省が設置する中央教育審議会によると、米国への日本人留学生は、1994年には42,843名であり、全日本人留学生の78%を占めていた。しかし、この数は、2006年に35,282名まで減少し、全日本人留学生に占める割合も46%まで下落している。米国InstituteofInternationalEducationが発表したレポート「OpenDoors2009」でも、2008~2009年の学期において、米国における日本人留学生数は29,264名となり、前年同期比13.9%減少している。

  米国に代わって、日本人留学生が増加しているのは中国である。中央教育審議会によると、中国への日本人留学生数は、1994年が5,055名で全日本人留学生の9.2%であったのに対し、2006年には18,363名と全日本人留学生の24%を占めるまでに増加している。」

「また、中国への留学費用は米国に比べると、格段の割安感がある。米国CollegeBoardの調査「TrendsinCollegePricing2009」によれば、米国の4年制大学の年間授業料の平均は、公立大学で17,460ドル、私立大学は25,177ドルとなっている。一方、北京の日本大使館ホームページのデータによれば、中国の4年制大学の年間授業料は、公立が5,450ドル、私立大学が8,800ドルとなっている。

  留学生にしてみれば、今更アメリカに留学しても就職で特に有利になるわけでもなく、MBA(経営管理学修士)をとっても、(かつては高い人気を誇った)欧米資本の外資系企業に就職できる程度では動機付けとしては弱い。費用対効果の面でも、中国への留学が魅力を増しているのだろう。」

政治においても日中関係は重要です。そして政治家も「中国留学組」が大活躍をしています。http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40314&type=1 
蓮芳議員は北京大学、菊田真紀子議員は黒竜江大学、武正孝一外務副大臣は山西大学・・・・といった多くの議員が中国留学経験を持っているそうです。

つい最近、アジアの大学ランキング2010年版がQS Ltd.というところから発表されましたが、http://www.topuniversities.com/university-rankings/asian-university-rankings/overall 香港の大学が1,2,4位を占めていて、5位に東大が入っています(分野によって順位は違いますが)。 ランキングがどのくらいアテになるかは分かりませんが、高い評価を得ていることは分かります。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。