☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学童保育サービス -都道府県の取り組みに大きな格差-

働くお母さんにとっては不可欠な学童保育に関する調査を、国民生活センターが行いました。http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100317_3.html

都道府県と市区町村を対象に、学童保育サービスの実施状況、予算措置状況、ケガ・事故への取り組み、利用者への情報提供、連携状況など環境整備に焦点をあてて調査を行いました。

その結果、運営費の補助などの財政支援をはじめとする学童保育サービスへの取り組みや実施状況の格差があきらかとなり、指導員数の把握、ケガ・事故の報告など市区町村との連携が不十分である実態がみられたそうです。

社会的基盤としての学童保育サービスの環境整備に6つの提言がまとめられました。

  1. (1)市区町村との連携を強化し社会的基盤としての環境を整備する
  2. (2)必要とする子どもが利用できるように学童保育サービスの空白自治体を解消する
  3. (3)第2種社会福祉事業の届出を徹底し研修を通して質を拡充する
  4. (4)消費者へ情報提供を行い、利用に際して契約書等を交付する
  5. (5)ケガ・事故情報を広く収集・活用する
  6. (6)学童保育にも災害共済給付制度を適用する

さて、上記のPDFファイルを開いて、近畿地方を見ますと、大阪府がかなり頑張っているようです。和歌山や奈良は少し取り組みが熱心ではないようですが、都市圏のほうが必要度が高いからでしょうか。


トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。