FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1クラスの人数
昔は45人学級とか40人学級なんて時代もありましたね。 しかし現実は日本もかなり少なくなっているのをご存知でしょうか。

ネットにこんなニュースが載っていました。→http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100422k0000e040047000c.html

愛知県の公立中学校は35人学級なのですね。この記事によりますと、当初175人の生徒数なので、35人学級×5クラスの予定だったのですが、春休み中に2人が転校してきて、6クラスになったそうです。ということは、30人×3クラス+29人×3クラス=177人ということです。 大体30人が一クラスということになります。

一方、私立中高や公立高校は定員が決まっていて、人気のある学校ですと、その定員一杯となるように入学させます。近頃、一クラスの定員を減らしてキメ細かく指導しようとする学校も増えていますが、場合によっては公立より多いところもあります。そのあたりも確認なさって学校選択してくださいね。

なお、文部科学省のサイトに過去の推移や各都道府県の現状、国際比較も含めた詳しい情報が載っています。ご参考までに。→http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/hensei/005/__icsFiles/afieldfile/2010/03/18/1291365_1_1_1.pdf
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。