FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公立小中学校の教員人事権、府県から市町村に?
皆様は市区町村立の公立小中学校の人事権が市町村にではなく、都道府県にあるのをご存知でしょうか。  今回、大阪府の橋下知事の文部科学省への要請もあり、都道府県から市町村の教育委員会への移譲を認めることになるそうです。http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201004160007.html


これによって、市町村の個別のニーズに応じて教員を採用することができるようになるでしょう。しかしながら次のような問題点にも充分留意する必要があります。記事に書かれていますが、『これまで教員人事の移譲に関しては「個別に市町村教委が採用を行うと大都市に優秀な教員が偏り、山間部やへき地に優れた教員が配置されなくなる」との声が都道府県教委などに根強かった。(今後は)市町村長の影響で採用する人材の傾向が極端に偏る可能性もあり、どう歯止めをかけるかが課題になりそうだ』といった点です。

子ども達にとってステキな先生がどんどん増えてくださると嬉しいです。
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。