FC2ブログ
☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉野の桜

いよいよ関西では桜の季節が終わろうとしていますが、八重桜が中心の造幣局の桜は今が通り抜けのシーズンです。http://www.mint.go.jp/sakura/torinuke/info.html

先週、東京からの帰りの新幹線では、車窓から日本の風景に溶け込む桜を楽しむことができました。山にも桜が咲いていましたが、山に咲く桜といえばなんといっても吉野山ですよね。

皆様は吉野山になぜ桜が多いのかご存知でしたか。豊臣秀吉も楽しんだ吉野山、そしてもっと古くから歌にも詠まれてきた吉野山。自然に増えたわけではないですよね。

それは山岳宗教に基づいていたのです。「吉野山では約1300年前、修験道の祖、役行者(えんのぎょうじゃ)が蔵王権現の姿をサクラの木に刻んだとの故事から、サクラを神木とし、献木によって数を増やしてきた歴史がある」のです。http://osaka.yomiuri.co.jp/sakura/yoshino/sr_yoshino_0930a.htm

信者達の献木だったのですね。こんなところにも桜が・・・というところにも植えられているのだそうです。人々の熱い思いが、あの美しい景観を作ったのですね。そして桜守をする地域の人々の努力と観光をする私達の気遣いで、これからも末永く景観が楽しめますように。


トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。