☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中3卒業資格(公立高入学は9th grade, year 10・・・の修了が必須)

先頃、いただいたメールの中に、「日本の公立高校を受検する場合、イギリス系の学校であればYear10を修了していないと受検資格を充たさない、と言われ、結局、公立は受検できず、受け入れていただける私立高校に進んだ」というものがありました。

文部科学省の通達があって、アメリカ式であれば9thGrade、イギリス式であればYear10 (イギリスは大抵、1学年早い勘定になります)を修了しないと、日本の義務教育と同じように9年間の学業を修めたとは認められない、というふうになっています(英米以外出身であっても、同様になるのだと思います)  そのための対応として、以下のような方法が考えられます。

  1. 早めに帰国して日本の公立中学に入って、中学卒業資格を取る
  2. 日本人学校に編入して、中学卒業資格をいただく
  3. 9th gradeやYear 10を終えて、高校1年の途中で編入する

まず1.ですが、日本の中学は義務教育なので、いつ帰国しても学年通りに入ることはできるのですが、実際問題、2学期の終わりや3学期(2学期制だと2学期に入ってから等)からの編入は、学校には大変ご迷惑をかけることになります。 本当に十分心を尽くして、丁寧に先生に頼んでくださいね。 義務教育なんだから当然だ、といった態度は、やはりお願いするには適切ではないでしょう。

さて、すぐに日本に帰国する、といったことは、そうそう簡単にできないこともあります。

2.の場合ですが、日本人学校は公立学校ではありません。 日本人会といった理事会が運営しており、学費も必要です。文部科学省から先生が派遣されていますが、私立学校と同様の組織になっています。 ですので、中3卒業の資格が欲しいということで、中3の後半に入ってからの編入は難しい場合が多いようです。 理事会で諮られ(これも頻繁に開かれるわけではなく、開催時期とタイミングが合わない時もあります)、最後は校長判断になったりします。 決して、簡単に入れるわけではない、ということを知っておかれたほうが良いでしょう。 もちろん、アメリカなどは全米に3校しか日本人学校が無く、この方法はとれないことも多くあります。(アメリカにおいて、全くの私立の日本人学校で中学があるのは他にも3校ほどあります)

3.ですが、高校1年の編入となりますと、編入枠を残してある学校は大丈夫ですが、多くの学校は高校入学時で帰国枠一杯を取ってしまいます。公立高校は定員一杯に取るのが普通ですし、私立高校でも受け入れ専門校といったような学校でない場合は、入学試験で定員一杯を取ってしまいます。特に人気のある学校ほど、そうなりがちです。よって競争が厳しくなる可能性もあります。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。 お分かりにくい場合は、どうぞメールをくださいませね。

私個人は、そこまで9年生修了を厳しく求める必要があるのかは疑問に思っています。 日本に居れば、学力が低くても学校に通ってさえいれば中学卒業資格はいただけますし、例えば、日本の小学校入学時から数えれば、トータル9年間、学校教育を受けた場合もありますし。 一度、そのあたりの見解をお偉い先生方にお聞きしてみたいと思っております。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。