☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国公立大の志願者増、地元・安全志向で準難関が人気、文高理低の志願者

主な国公立大学前期の入試が終わりました。今年は景気低迷を受けて、国公立大学の志願者が予想通り増加したそうです。しかしながら地元志向、安全圏志向が見えるということです。http://www.sankeibiz.jp/business/news/100213/bsd1002130506006-n1.htm(以下に一部抜粋、太字・下線はピアーズ)

難関大では志願者減となったのは東大北海道大京都大大阪大志願者増九州大東北大微増だった。(中略)内訳でも文系最難関の文Iの志願者が大きく減り、逆に文IIIは増えている。このように大学の中で、入りやすいところに志望を変更する安全志向は、多くの大学で見られた。さらに、地元志向の高まりから、地方の受験生が東大を敬遠したこともあるようだ。同じように、全国的な人気の北海道大も地元志向の影響のため志願者減となった。

その代わりに人気になったのが難関大の次のレベル、準難関の大学だ。関東では東京周辺部の千葉大、横浜国立大、埼玉大、茨城大などで志願者が増えている。センター試験の成績が思ったほどではなく、安全志向から志望を下げ、地元にこだわった結果だろう。

また国公立大の場合、学費の関係から理系に人気があるのですが、今年の場合は文系の人気が高いそうです。http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100227/ecc1002270505017-n2.htm

私立大と学費の差が大きいのが理系学部だ。だから理系受験生に国公立大志向が強い。しかし、今年に限ってはそうなってはいない。センター試験の5(6)教科7科目合計の平均点が900点満点換算で、昨年と比べて文系は数点だったのに対し、理系は30点近く下がったからだ。理系のほうが下がり幅が大きく、さすがに国公立大を敬遠する動きにつながったとみられる。

 一方、文系にもセンター試験難化の影響が出ている。一般的に文系の最難関学部は法学部で、次いで経済、文や教育と続く。(中略) 難関学部ほど志願者の減りが大きく、安全志向が読み取れるのだ。同じことは理系にも見られ、農より水産・海洋の人気が高くなっている。

 不況の影響がこれほど大きいとは予測されていなかった。志望校のレベルを下げるだけでなく、学部のレベルを下げてまで受験生が国公立大進学にこだわったことがよくわかる。

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。