☆新しい記事は新ブログへ移動。左サイドバーからどうぞ  ★ピアーズ@関西の集まりは下記に記しています。ご参加をお待ちしています   ◆ 教育相談なんでも承ります まずはメールをどうぞ お気兼ねなく ^^ ピアーズ・ベテラン相談員達が丁寧にお答えいたします  ♥ メンバー募集中!(自由参加の有償ボランティア、お手伝いくださいね。プロフィール欄をご覧くださいませ) ♣ 学校訪問/英語保持スクール訪問ライターさん、募集中 できるだけ省力化しています (詳細は2010/02/26記事)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学生への仕送り、25年前の水準へ 「ゼロ」も1割超

不況で大学生への仕送り額も減っているそうです。http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20100211-OYO8T00434.htm アルバイトも不況で、あまり多くを望めないようですし、頼るは奨学金となりますが、日本学生支援機構(昔の育英会)の奨学金は返済義務がありますので、卒業時点で負債を背負うことになります。就職難の時代ですから、返済義務を果たせないおそれもあります。(以下、太字はピアーズ)

親元から離れて暮らす大学生への仕送り額が、25年前の水準まで落ち込んでいることが10日、全国大学生活協同組合連合会(東京)の調査でわかった。

 調査は全国31大学の学生を対象に昨年10~11月に実施し、9660人から回答があった。マンションやアパートなど自宅外(寮を除く)から通う大学生への仕送り額は月7万4060円(前年比3520円減)で、月7万4240円だった1984年並みに下がった。仕送りゼロと回答した学生は全体の10・2%(同1・9ポイント増)に上り、70年以降で初めて1割を突破した。

 不況の影響からアルバイト収入も減少し、月2万2370円(同2230円減)となった。奨学金は前年比2100円増の月2万6430円で、仕送りなどの減収分を補っている様子がうかがえる。

 一方、支出を切り詰める傾向も続き、住居費以外の支出はすべて減少。特に食費は月2万3350円(同1080円減)で、76年以降で最低の金額になった。

最近は日本の大学でも、返還義務の無い奨学金制度も出てきています。関西では、以下のような大学で、すでにいろいろ実施されています。 やはり成績も大切なようですから、勉学にも励んでくださいね。

●京都産業大学 ●京都女子大学 ●立命館大学●龍谷大学 ●大阪経済大学 ●大阪工業大学 ●関西大学 ●近畿大学 ●摂南大学 ●甲南大学 ●神戸学院大学

トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。